大八木 朔

大八木 朔

宙のまにまに(漫画)の登場人物。読みは「おおやぎ さく」。

登場作品
宙のまにまに(漫画)
正式名称
大八木 朔
ふりがな
おおやぎ さく
関連商品
Amazon 楽天

概要

読書好きの物静かな高校生。親の仕事の関係で転校を繰り返していたが、中学卒業後に幼少時に2年間過ごした小杉野市に帰ってきて、地元の蒼栄高校に入学。そこで子どもの頃によく遊んだ明野美星と再会、彼女の強引な勧誘で天文部の一員となる。クラス内では目立たないようにして、一人静かに読書を楽しみたいと思っていたが、マイペースな美星に振り回されて、校内でも話題の人物となってしまう。

美星に対しては、幼少時の体験がトラウマとなっており、再会当初は拒絶していたが、誤解とわかり打ち解ける。文学好きで、生徒会長兼文芸部部員の琴塚文江と気が合い、文芸部の活動に協力したりしている。

登場作品

宙のまにまに

幼少時に一時期過ごした町に帰ってきた大八木朔は、春から通う蒼栄高校で幼馴染みの明野美星と再会。さらに彼女の強引な勧誘によって天文部へと入部することになる。そして天文部でのさまざまな人との出会いや活動を... 関連ページ:宙のまにまに

SHARE
EC
Amazon
logo