娘の家出

現代日本を舞台に、親や兄弟の離婚や再婚といった家庭環境の変化や学校生活など、それぞれの事情から逃避行する思春期の少女たちの恋や家族愛を描いた群像劇。各話タイトルはJ-POPの曲名からとられている。

正式名称
娘の家出
作者
ジャンル
青春
レーベル
YOUNG JUMP COMICS X(集英社)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

母の再婚をきっかけに家を飛び出し、父の元へと家出した落合まゆこ。父は同性愛者で年下の彼氏と暮らしていたが、「知らないおじさんと暮らすより知っているおじさんのほうがまし」と言って二人の家にしばらく転がり込むことになる。彼氏との駆け落ち、幼馴染との確執、休まらない家、父の逮捕。実家の従業員と不倫をするきゃなこ(大沢可夏子)、兄姉が離婚し実家に出戻っているニーナ(相原仁菜)、幼い頃に父が蒸発したぐっち(山口綾香)ら、全員親が離婚をしている女子グループ「チーム離婚」の面々を中心に、思春期の少女たちの逃避行と青春を描く。

登場人物・キャラクター

落合 まゆこ (オチアイ マユコ)

高校2年生で、ゆるくウェーブのかかった黒のボブヘアーの少女。目が大きく、一般的に「かわいい」といわれる容姿をしている。両親が離婚しており、離婚する前の苗字は「大倉」だった。料理が不得意な母と二人暮らしだったため、やむなく料理や製菓が得意になる。友達や彼氏の前では表情豊かだが、家族の前ではテンションが低く、無表情気味であることが多い。 社交的で気遣いができる性格。母がパート先の上司と再婚したことをきっかけに、彼氏と暮らす離婚した父の元へ家出する。太った人物ばかりを好きになる、いわゆるデブ専。少し惚れっぽいところがある。登山用具店でアルバイトをしている外山大輝と付き合っている。

相原 仁菜 (アイハラ ニナ)

高校2年生。毛先のはねた黒のセミロングに、大きな猫目。ぽってりした唇と長く濃いまつ毛が特徴。両親は離婚している。祖父母と母、年の離れた兄と姉、兄姉それぞれの幼い子ども3人とともに暮らす。兄姉が同じタイミングで離婚して実家に出戻ったため、家で休める場所がなくなってしまっていた。クールな物言いとは反対に非常に家族思いで優しい性格。 だからこそ家族のことを受け入れきれない自身に苦悶し、「大人になりたい」「自立したい」とこぼしている。「ニーナ」という愛称は中学時代の友人である住田佳純によるもの。

大沢 可夏子 (オオサワカナコ)

高校2年生。明るい茶のショートヘアーの少女で、親子3代続く糸のような細目がコンプレックス。非処女。背が高くすらりとした体型。両親が離婚したことで友人グループ全員の親が離婚したこととなり、ぐっち(山口綾香)が自分たちのことを「チーム離婚」と言い出すきっかけになる。実家の工務店に務める事務員の加賀と不倫している。 別居している父とは月に一度会っており、加賀には「デート」と称されている。父やその再婚相手との関係は良好で、腹違いとなる妹と面会もしている。おばあちゃん子でお父さん子。大人に混ざって実家の手伝いをしているためか、さりげない気遣いがうまく大人な対応ができる。年上ばかり好きになる。

山口 綾香 (ヤマグチ アヤカ)

高校2年生。黒のセミロングをポニーテールに結びあげている。目が大きく背は低い。笑うと前歯が覗くのが特徴。友人グループ全員の親が離婚したことを受け、「チーム離婚」と命名した張本人。父は人気ロックバンドのメンバーで、暴力事件を起こし逮捕された。母は元々父のおっかけをしており、高校生の時に妊娠、結婚するも、父に蒸発される。 そのため女手ひとつで育てられた。父の記憶がほとんどないこともあり、本人は父や事件のことをあまり気にしていない様子。竹を割ったような性格で、はっきりとした物言いをする。思ったことをそのまま口に出してしまう性質から、小学校3年生の時に母を本気で泣かせたことがある。

書誌情報

娘の家出 全6巻 集英社〈YOUNG JUMP COMICS X〉 完結

第1巻

(2014年5月発行、 978-4088798295)

第2巻

(2015年2月発行、 978-4088900476)

第3巻

(2015年8月発行、 978-4088902449)

第4巻

(2016年3月18日発行、 978-4088903569)

第5巻

(2016年9月16日発行、 978-4088904900)

第6巻

(2017年4月19日発行、 978-4088906683)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo