大津皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「おおつのみこ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
大津皇子
ふりがな
おおつのみこ

総合スレッド

大津皇子(天上の虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

大田皇女が産んだ皇子。産まれた時から父の大海人にそっくりな顔立ちと、男の子らしい逞しさを備えている。体が丈夫で武芸に秀でており、詩歌の腕前も相当なことから、讃良が産んだ草壁皇子とは正反対で頼もしいと、常々比較されていた。草壁皇子と対抗する微妙な立場であるが、天衣無縫な性格のため最初は気にしていなかった。

しかし、祖父の天智天皇と蘇我赤兄にとっての娘、山辺皇女との結婚を讃良に反対されて不信感を覚えた。さらに、草壁皇子が皇太子に任命され、ほかの皇子にも役職が与えられたが、自分だけが特定の役職を与えられないことがきっかけとなり、草壁皇子への対抗心を露わにするようになる。

歴史上の実在の人物、大津皇子がモデル。

登場作品

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し...