天人唐草

封建的な父のもとで育った岡村響子が、自分を失い、社会に出てからも適応できずに悲劇への階段を登っていく。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
天人唐草
作者
ジャンル
サイコホラー
レーベル
文春文庫 ビジュアル版(文芸春秋)

総合スレッド

天人唐草(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

岡村 響子(天人唐草)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38
響子の母(天人唐草)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:38

新着関連スレッドもっとみる

概要

幼少の頃の岡村響子は明るく、好奇心旺盛な女の子だったが、男尊女卑で封建的な父親の影響により自分らしさを失い、対人関係がうまく築けなくなっていく。学校を卒業して社会人になった響子は父親の呪縛のままに、まったく社会に適応できない人間になっていた。そんな生活を送る中、自分とは正反対の奔放な同僚女性、青柳洋子が社内のエリート社員を射止めたことで響子はショックをうける。

登場人物・キャラクター

主人公
地味で目立たない女性。元々は好奇心旺盛な明るい少女だったが、厳格な父の影響により自分らしさを失い、対人関係がうまく築けなくなっていく。
岡村響子の父。旧家の育ちでいつも和服を着、気難しい顔をしている。封建的な考えの持ち主で、「つつしみのある女性」像を妻や娘に求める。
優しい母親だが、夫に従順すぎる所があり、父に叱られている岡村響子を庇うことが出来ない。響子が社会人になった頃に他界してしまう。
岡村響子の同僚の女性。髪を染めて酒に強くタバコも吸い、適当で男性に自分から言い寄っていく、およそ響子とは正反対の性格。そんな青柳洋子が社内のエリート社員を射止めたことで響子はショックをうける。