天国へ行く方法

天国へ行く方法

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン(漫画)の物語のキーとなる一種の理論。読みは「てんごくへいくほうほう」。

登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン(漫画)
正式名称
天国へ行く方法
ふりがな
てんごくへいくほうほう
関連商品
Amazon 楽天

概要

かつてDIOがそれを研究し、エンリコ・プッチがそれを実現しようとする。DIOがノートに記したものを空条承太郎が目にしたのちに焼却したため、エンリコ・プッチは自身のスタンド能力によって空条承太郎の記憶をディスクにして奪うことになる。

その理論は「幸福とは”覚悟”である」という理念に基づいており、時間の流れを極限まで加速することによって「宇宙を一巡」させ、全人類が一度は自分の身に何が起きるかを体験した状態にするというもの。そしてその「覚悟」で、人類は新しい世界に到達できるとエンリコ・プッチは確信しているため、あらゆる犠牲を払って実現を目指す。

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

舞台となるのは2011年、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所。ボーイフレンドのロメオ・ジッソとその弁護士によって無実の罪を着せられた空条徐倫は、15年の長期刑が確定してしまう。しかし、それはすべて... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 6 ストーンオーシャン

SHARE
EC
Amazon
logo