太公望

太公望

封神演義(漫画)の主人公。読みは「たいこうぼう」。別称、呂望。

登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
太公望
ふりがな
たいこうぼう
別称
呂望
関連商品
Amazon 楽天

概要

崑崙山脈出身の道士で、元始天尊の直弟子。元々は中国の遊牧民族・羌族の頭領の子息であったが、妲己による人狩りで一族を滅ぼされ、天涯孤独となったところを元始天尊にスカウトされた。封神計画の遂行者に任じられ、妲己以下金鰲列島出身の人間界に害をなす仙人道士を倒し、またの軍師として殷周革命を成功に導くために人間界に下る。

主な武器は風を操る宝貝・打神鞭。飄々とした風を装っているが非常に頭が良い策士タイプで、仲間を想う気持ちも強く、人望も篤い。初登場時72歳。「わし」「~だのう」など老人のような口調で話すが、外見は10代後半~20代ほどの姿をしている。

史実での軍師を務めた太公望がモデル。

関連人物・キャラクター

元始天尊

崑崙山脈を統括する仙人で、通天教主・太上老君と並んで三大仙人と称される。太公望の師であり、封神計画の遂行を太公望に命じた。重力を操るスーパー宝貝・盤古旛を持つ。 関連ページ:元始天尊

関連キーワード

『封神演義』の舞台の一つ。殷王朝下で姫昌が統治していた中国西部の地域で、紂王に反旗を翻すにあたって名称を「西岐」から「周」に改めた。のち殷を倒し、次代の王朝となる。 関連ページ:

封神計画

『封神演義』に登場する用語。当初は妲己を筆頭に殷に害をなす妖怪仙人たちを一掃し、悪政に苦しむ人間を救うことを目的として元始天尊が太公望に命じたものとされたが、真の目的は女媧による支配から人間の生活を解... 関連ページ:封神計画

道士

『封神演義』に登場する用語。能力的に未熟な仙人の総称で、基本的には自らを仙人界にスカウトした仙人の弟子となって、仙人界で修行を積むが、人間界にとどまった場合は、頑強な肉体とずば抜けた身体能力を持った天... 関連ページ:道士

登場作品

封神演義

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替... 関連ページ:封神演義

SHARE
EC
Amazon
logo