奥森 かずい

MIND ASSASSIN(漫画)の主人公。読みは「おくもり かずい」。

  • 奥森 かずい
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
MIND ASSASSIN(漫画)
正式名称
奥森 かずい
ふりがな
おくもり かずい

総合スレッド

奥森 かずい(MIND ASSASSIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

奥森医院を経営する開業医の青年。父方の祖父がドイツ人の、日本とドイツのクォーター。背が高く、優しい顔立ち。紳士的で柔らかい物腰なので、内科・小児科医として近所からの評判は良い。おっちょこちょいな面もあり、背が高いのでよく建物の鴨居に頭をぶつけてしまう。特殊能力者・Mind Assassinの3代目である。

自身の能力を制御するため、ふだんは両耳にピアスを付けている。精神や記憶に関する相談で訪れた患者に対して、彼らを苦しみから解放するため、Mind Assassinの能力を使うことがある。もともと暗殺術だった能力を持つことに悩んだ時期もあったが、患者の幸せのためだけに用いるのだと決意した。

登場人物・キャラクター

小学生の女の子。母子家庭で、母は仕事で多忙。診療に来たところ、体中にアザがあるのを奥森かずいが発見した。母親に迷惑をかけたくないためアザの原因について由未子は口を閉ざすが、かずいは彼女のために立ち上が...
アジア出身の女性。画家として世界的に有名。奥森かずいの通う大学に留学に来ていた。物価に大きな差があり祖国からの仕送りだけでは日本で生活できず困っていたところを、小田という講師に目を付けられ、借金と引き...
『MIND ASSASSIN』に登場する超能力者の総称。第二次世界大戦中に、ナチスドイツの科学力によって創り出された。生物の頭に手を触れるだけで、相手の精神と記憶を破壊する超能力を持つ。この能力は音も...

関連キーワード

『MIND ASSASSIN』に登場する病院。開業医奥森かずいが経営する、とある町中の病院。住居と一体型の二階建て。診療科目は内科・小児科・放射線科。AM9:00~12:00/PM3:00~7:00が...

登場作品

奥森医院を経営する開業医奥森かずいは、少年虎弥太と暮らしながら近隣住民の診療に当たっている。ある日、警察に追われた女子高生が奥森医院に逃げ込んで来るが、何か事情があると察したかずいは、彼女を患者である...