妖怪学校の生徒はじめました!

妖怪学校の生徒はじめました!

田中まいの『妖怪学校の先生はじめました!』の外伝作品で、前日譚にあたる。百鬼学園に入学した豆狸の少年である狸塚豆吉のにぎやかな学園生活や、個性的なクラスメートたちとの交流を描いた妖怪コメディ。「Pファンタピー」で2018年3月から配信の作品。

正式名称
妖怪学校の生徒はじめました!
ふりがな
ようかいがっこうのせいとはじめました
作者
ジャンル
お化け・妖怪
レーベル
Gファンタジーコミックス(スクウェア・エニックス)
巻数
既刊2巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

入学! 百鬼学園

桜舞う新学期、日本中の妖怪が集う百鬼学園では、今年も新入生が入学する時期がやって来た。新入生の一人である豆狸の狸塚豆吉は、新しい友達との楽しい学園ライフを夢見ていた。しかし、入学式の直前に猫又の不良である秋雨玉緒に絡まれるなど、初日からトラブルに巻き込まれる。今年の新入生は、豆吉と玉緒をはじめとする問題児やクセのある生徒であふれていたのである。そんな中、なんだかんだで友人となった豆吉と玉緒、そして個性豊かな妖怪生徒たちとのにぎやかで楽しい学園生活が始まる。入学式から1週間たったある日、別々のクラスになった豆吉と玉緒は、休み時間にそれぞれのクラスの担任になった教師について話していた。豆吉が在籍する弐組の担任を務める優しい雰囲気の神酒凛太郎を見てうらやましく思う玉緒は、自分のクラスの担任を務める秦中飯綱がまじめで厳しいことを嘆いていた。そんなある日、放課後に図書館に向かっていた豆吉は、飯綱が不良生徒に絡まれているところを目撃する。

紅子ちゃんと幼なじみ

百鬼学園の生活にもすっかり慣れてきた狸塚豆吉は、遅刻したある日の朝、昇降口で同じく遅刻したクラスメートの座敷紅子に遭遇する。そこで紅子とぶつかった鹿島凌太は、思わず彼女に悪態をついてしまい、彼女を迎えに来た泥田耕太郎を敵に回してしまう。耕太郎にやきもちを焼きながらも、紅子になかなか素直になれない凌太の態度が気になった豆吉と秋雨玉緒は、秦中飯綱に相談して紅子と凌太の幼なじみの関係と過去を探ろうとする。

登場人物・キャラクター

狸塚 豆吉 (まいづか まめきち)

百鬼学園の壱年弐組に在籍する豆狸の少年。年齢は15歳で、愛称は「豆」。人間の姿のときは黒髪で小柄な体型をしているが、本来の姿は小さな狸。無邪気で好奇心旺盛な性格の持ち主で、純真無垢でいつも元気一杯。明朗快活で誰に対しても分け隔てなく接し、友人思いで思いやりがある。一方でかなりのおバカキャラでもあり、テストでは自分の名前すら書きまちがえるほど。入学式の日にたまたまぶつかった秋雨玉緒に絡まれるが、なんだかんだで友人になり、クラスは別々になったものの休み時間や放課後はよくいっしょに行動している。レジ袋や紙袋など、袋をかぶることであらゆる動物やものに変化でき、袋をはずすと変身が解ける。実は豆太、豆代、ビーンズをはじめとする30匹以上の弟妹がおり、いずれの弟妹とも容姿がよく似ている。昔は入道連助と一時的に同じ小学校だったことがあり、ある人物とよく似たところがある彼を心配していた。玉緒たちには知られていなかったが、同じクラスの問題児の佐野命とは親友同士で、ピンチのときはよく助けられている。嫌いなものは狐で、将来の夢は日本一のゆるキャラになってチヤホヤされること。誕生日は11月8日。四国出身。

秋雨 玉緒 (あきさめ たまお)

百鬼学園の壱年参組に在籍する猫又の少年。愛称は「タマ」。人間の姿のときは金髪の前髪を一部だけ赤茶色にした不良で、頭部に猫耳が生えているが、本来の姿は尻尾が2本生えたブチ猫。少々口は悪いが明るくやんちゃな性格をしている。同じ猫妖怪の不良生徒の友人が複数いる。狸塚豆吉に勝るとも劣らないおバカキャラで、テストの成績は0点だらけなうえに、答案用紙に記入する名前までまちえてしまうほど。入学式で出会った豆吉といつの間にか友人になり、クラスは別々になったものの休み時間や放課後はよくいっしょに行動している。実は三つ子の長男で、まったく似ていない美形の弟に丸緒と球緒がいる。クラスメートの中では、当初は敵視していた入道連助とある出来事をきっかけになかよくなり、のちに親友となる。歌川国子に思いを寄せている。

神酒 凛太郎 (みき りんたろう)

百鬼学園の男性教師で、狸塚豆吉らが在籍する壱年弐組のクラスの担任を務める。酒呑童子という鬼の妖怪で、担当は妖怪学。銀髪の長髪を三つ編みにまとめ、額のやや右側に1本ツノを生やした青年の姿をしており、右目の下に泣きボクロがある。関西弁ながらふだんの言葉づかいは優しく丁寧で、さらに性格もおとなしく見えるため、豆吉からはいい感じの先生として慕われている。しかしそれは表向きの姿で、本性は冷酷無比で口も悪い。学生時代は百鬼学園に通い、当時クラスメートだった秦中飯綱とは不良コンビとして問題行為を繰り返していた。飯綱とは同僚となった現在でもよくつるんでいるが、互いに口が悪いこともあり、何かとケンカしては罵倒し合っている。酒を飲むと凶暴になり、酒が体から抜けるまで暴れ続けるという悪癖を持つ。過去に学校を半壊させたことがある。

秦中 飯綱 (はたなか いづな)

百鬼学園の男性教師で、秋雨玉緒らが在籍する壱年参組のクラスの担任を務める。カマイタチの妖怪で、ふだんは黒髪で眼鏡を掛けた青年の姿をしている。生まじめな性格でつねに規則を厳守し、生徒にも厳しいため、玉緒からは煙たがられている。本来の姿はイタチで両手に鋭い鎌のような爪を持ち、人型のときも腕の一部を鎌に変えることができる。学生時代は髪を染めた不良で、現在でも伝説の不良として恐れられている。しかし当時のことを反省し、悪さをしないという条件で百鬼学園の教師として雇ってもらった。現在も怒ると凶暴な本性が出てしまうため、一部の生徒からは恐れられている。ふだんはおとなしい先生に見えるために不良からも舐められがちだが、絡まれてもすぐに返り討ちにするほどの強さと気迫を誇る。実は三児の父親で、特に長女の秦中咲鬼のことは溺愛している。学生時代は百鬼学園に通い、当時クラスメートだった神酒凛太郎とは不良コンビとして問題行為を繰り返していた。凛太郎とは同僚となった現在でも友人としてよくつるんでいるが、互いに口が悪くケンカしたときは罵倒し合っている。

秦中 怪 (はたなか あや)

百鬼学園に通う2年生の女子で、狸塚豆吉たちの1年上の先輩にあたる。明るい性格の眼鏡を掛けた少女の姿をしており、手首には水玉模様のシュシュとブレスレットをつけ、派手なネイルアートをしている。実は秦中飯綱の妹でもあるが、学校ではなるべく先生と生徒として接するようにしている。ほとんどの生徒は秦中怪と飯綱が兄妹であることを知らないため、どこか親しげなその様子から飯綱との不倫関係を疑われている。

歌川 国子 (うたがわ くにこ)

百鬼学園の壱年参組に在籍する女子で、秋雨玉緒のクラスメート。頭に水玉模様のリボンをつけたかわいらしい容姿で、クラスのマドンナ的な存在。その正体は、がしゃドクロ。玉緒から好意を寄せられているが気づいておらず、入道連助のことが気になっている。

入道 連助 (にゅうどう れんすけ)

百鬼学園の壱年参組に在籍する男子で、秋雨玉緒のクラスメート。その正体は、一つ目小僧。顔の中央に目立つ大きな一つ目が特徴で、視力は13.0もある。温厚そうに見えるが、意外と負けず嫌いで怒ると怖いところがある。クラスでは優等生として知られているため、玉緒からは気に入らないと一方的な因縁をつけられていた。さらには歌川国子と親しげに話していたために激怒した玉緒から勝負を申し込まれ、小テストで勝負をすることになった。優等生であることから誰にでも慕われる一方で、特別仲のいい親友と呼べる相手がいないことを、ひそかに悩んでいた。勝負をきっかけに玉緒となかよくなり、のちに親友となって彼に時折勉強を教えている。鹿島凌太に頼まれたのをきっかけに泥田耕太郎と同じ寮室に住むようになり、耕太郎と接するうちに彼同様に不良っぽくなる。

鹿島 凌太 (かしま りょうた)

百鬼学園の壱年参組に在籍する男子で、秋雨玉緒のクラスメート。その正体は、金平鹿(こんぺいか)というシカによく似た海を荒らす妖怪で、ふだんは制服の下にパーカーを着用し、頭にツノが2本生えた少年の姿をしている。シカとまちがえられるのが嫌いで、シカがたくさんいる奈良の公園は苦手な場所となっている。学生寮では泥田耕太郎と同室で、部屋をあっという間にゴミだらけの汚部屋にした彼に困惑している。座敷紅子とは幼なじみで昔から彼女のことが気になっているが、なかなか素直になれずにいる。

泥田 耕太郎 (ひじた こうたろう)

百鬼学園の壱年弐組に在籍する男子で、狸塚豆吉のクラスメート。泥田坊という田んぼに現れる妖怪で、左目に黒い眼帯をつけた、赤茶色の髪をした不良少年の姿をしている。学生寮では鹿島凌太と同室で、何かと機嫌を損ねては部屋にゴミをまき散らかし、あっという間にゴミだらけの汚部屋にして凌太を困惑させた。その後、入道連助に凌太が部屋の交換を頼んだことをきっかけに連助を怒らせてしまい、彼の厳しい指導を受けて汚部屋は片付けられた。泥をあやつり、泥で攻撃することもできる。趣味はゲームで、クラスメートにして幼なじみの座敷紅子とは、ゲームソフトを貸し借りするなど仲がいい。

座敷 紅子 (ざしき べにこ)

百鬼学園の壱年弐組に在籍する女子で、狸塚豆吉のクラスメート。愛称は「紅ちゃん」。家に住みついてイタズラをする座敷童子。黒のロングヘアを二つのおさげにまとめ、眼鏡を掛けている。クールでドライなところもあるが、本来は強気で気丈な性格をしている。趣味はゲームで、クラスメートにして幼なじみの泥田耕太郎とは、ゲームソフトを貸し借りするなど仲がいい。鹿島凌太とも幼なじみで、かつては彼にいじめられていた耕太郎を助けていた。家族関係にある秘密を抱えており、幼い頃にそのことで悩んでいた時に凌太に励ましてもらったことがある。

たかはし 明 (たかはし あきら)

百鬼学園で保健医代理を務める男性。爽やかな雰囲気を漂わせた好青年の姿をしているが、その正体は百々目鬼でどんなに些細な症状の患者も見逃さない。また、診察の際にも全身の目を活用し、指先の目で口の奥を診ることもできる。知識欲が強く、部屋はさまざまな本であふれているが片付けは苦手としている。ふだんは落ち着いた振る舞いを見せているが、患者を診るときはマッドサイエンティストな狂気な一面を見せるうえに治療も強引なため、秦中飯綱からは怖がられている。

安倍 晴明 (あべ はるあき)

百鬼学園の教師の男性。黒髪で前髪が長く、アホ毛が1束頭頂部から出ており、右腕に数珠をつけている。百鬼学園に赴任する前は、実家の神社で両親と双子の兄の安倍雨明とともに暮らしていた。現在は百鬼学園の職員寮で一人暮らしをしている。以前、新任教師として赴任した公立高校で不良に絡まれて退職し、1年間引きこもっていた過去を持つ。 気が弱く上がり症で、決して教師に向いている性格ではないが、学園長からは、強力な退魔の力を持った陰陽師の末裔として期待を寄せられている。しかし、本人にはその自覚はまったくなく、実家では社務所でお守りの販売の手伝いをしているだけだった。引きこもり生活から一念発起して、百鬼学園に就職することを決意した要因の1つは、学校指定の制服がセーラー服だったことから。 極度のセーラー服フェチで、セーラー服のことになると、平常時の何倍もの身体能力を発揮することができる。中学時代は書道部、高校時代は弓道部に所属していたが、運動神経はまったくない。高校時代には3日に1回は部活で放った矢が、自分の頭に刺さってしまうほどであった。しかし、何故か足だけは速い。 何でも信じやすい単純な性格で、テレビで放送している朝の占いの結果で一喜一憂してしまう。身に危険が迫ると、手の五芒星から、退魔の炎を放つことが可能。しかし、本人は無意識で行なっているため、自身で能力をコントロールすることはできない。生物部の顧問で、校内のマンドラゴラに水やりをすることを、朝の日課にしている。

佐野 命 (さの みこと)

百鬼学園の男子学生で、疫病神の妖怪。阿倍晴明が担任しているクラスの生徒の1人。背が高く痩身で、金髪。空中を浮遊する他、妖術で人に災いをもたらすことができる。辛辣でドSでクールな性格をしており、人間の不幸を見るのが何よりの喜び。新任教師の晴明にさまざまな妖術を仕掛け、不幸に陥れて悦に入っている。実は妖術のコントロールが苦手で、普段はなるべく妖術を使わないようにしている。 運動神経抜群で、身体能力が高く、あらゆる球技や競技をそつなくこなす。プロレスが好きで、得意技はジャーマンスープレックスとチョークスリーパー。

秦中 咲鬼 (はたなか さき)

秦中飯綱の6歳の娘。長髪で、左右に黒いリボンを付けており、花柄の半袖のブラウスに白いスカートを着用し、黒いタイツを穿いている。かまいたちではなく、母親似の鬼の妖怪で、とても力が強い。弟の壱号、弐号とともに、安倍晴明と神酒凛太郎に1日預かってもらうことになった。明るく、弟たちの面倒見の良い、しっかりとした性格をしている。 おませで、好みのタイプは年収1000万以上の男性。いつも防犯ブザーを身につけている。

場所

百鬼学園 (ひゃっきがくえん)

日本中の妖怪たちが集う学び舎。東京から船に乗って10時間離れた百鬼学園島という小島にある全寮制の学校で、小島の高台の頂上部にある。9階建ての大きな日本屋敷で、学園の裏には生徒だけではなく、職員のための職員寮もある。バスケ部等の体育系の部活から生物部等の理科系の部活まで、幅広い部活があり、体育祭等の学校行事も盛んに行われている。 また、学校の近辺には、コンビニや飲食店といったお店も充実している。生徒の身体測定を行う日には、島外から医者を招き、教師達が器具の準備をしたり、生徒の誘導をしたりと、学校全体で取り組む行事の1つになっている。

ベース

妖怪学校の先生はじめました! (ようかいがっこうのせんせいはじめました)

気弱で冴えないヘタレ教師の安倍晴明が、赴任先の妖怪学校で愉快で恐ろしい妖怪の生徒たちに囲まれながら、奇妙で賑やかな日常を送っていく姿を描いた妖怪学園コメディ。スクウェア・エニックス「月刊Gファンタジー... 関連ページ:妖怪学校の先生はじめました!

書誌情報

妖怪学校の生徒はじめました! 2巻 スクウェア・エニックス〈Gファンタジーコミックス〉

第1巻

(2020-01-27発行、 978-4757564862)

第2巻

(2023-06-27発行、 978-4757586284)

SHARE
EC
Amazon
logo