お狐様は戯れたい

お狐様は戯れたい

妖怪退治を生業とする少女と、最凶・最悪の妖狐が織りなす初恋奇譚。「りぼん」2017年8月号より10月号まで連載された作品。

正式名称
お狐様は戯れたい
作者
ジャンル
妖怪、お化け
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

代々続く古い神社の娘・九重律は、妖怪を封印する退治屋でもあった。しかし、心優しい故に封印は失敗ばかり。そんなある日、誤って先代が封印した強力な妖狐・白夜の封印を解いてしまう。白夜に食べられそうになった律だが、「死にたくなければ俺を楽しませろ」と言われ、キスされた上に妖力を提供してしまう。以来、気まぐれに律を助けたり、やさしくしたりする白夜。

そんな白夜に律はだんだん惹かれていく。そして新学期。律が登校すると、人間に化けた白夜がまんまとクラスに紛れ込んでいた。「お前が相手してくれるなら他の奴には手を出さない」。そんなことを言って、学校でも律に迫る白夜。同級生を守るため、律はその申し出を受け入れる。しかし、その後、学校では妖力を食べられて倒れる生徒が続出する。

思わず白夜を疑う律だったが、それは桜の妖怪のしわざであった。果敢に桜の妖怪に立ち向かいながら、律は「自分以外の誰かと白夜がキスをすること」を嫌がっていたことを自覚する。律は力及ばず、桜の妖怪に追いつめられるが、駆け付けた白夜に助けられる。その返礼としてキスを要求する白夜。こうして白夜は、律の生活にどんどんと入り込んでいくのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

代々続く古い神社・十五夜神社の娘。高校2年生。家族全員が妖力を持つ一族で、彼女も妖怪の退治屋として働いている。だが、生来の優しさが邪魔をして封印は失敗続き。その挙句、誤って先祖が封印した最凶の妖狐・白... 関連ページ:九重 律

九重律の先祖に封印されていた狐の妖怪。強力な霊力を持つ雄狐。律が誤って封印を解いて以来、彼女のそばにつきまとっている。気まぐれな性質で、何かと律をからかって楽しんでいるが、いざとなったら身を呈してでも... 関連ページ:白夜

お兄ちゃん

九重律の兄。十五夜神社の神官・九重家の長男。大学生であり、大学の寮で一人暮らしをしている。両親と妹同様、妖力の持ち主で、妖怪の退治屋も営んでいる。しかし、最凶の妖狐・白夜を封印する程の力は持っていない。白夜を側に置いている律のことを常に心配している。

ごんちゃん

かつて九重律に助けられた狐の子の妖怪。子狐の姿をしているが、尻尾が2つに分かれている。律に懐いて一緒に暮らしている。白夜が律をからかっていると、間にはいって律をかばおうとする、けなげな妖狐。

律の両親

九重律の両親。十五夜神社の神官で、妖怪退治の超エキスパート。封印の依頼がひっきりなしで、忙しく日本中を飛び回っている。

金藤 沙月

九重律のクラスメートの女子。明るくて元気な気づかい屋さん。律は妖怪退治屋であることを彼女には明かしていない。中間テストが終了した際、男女ペアの肝試しを提案した。

朱夏

肝試しの際、九重律のクラスに紛れ込んでいた猫又。雌猫で、猫耳をはやし、尾は2つに分かれており、首には大きな鈴をぶら下げている。白夜に色目を使って、律をヤキモキさせた。

桜の妖怪

九重律の学校に出現した妖怪。新学期早々、生徒たちが倒れる事件が続発した。律はこれを白夜の仕業ではないかと疑ったが、実は桜の妖怪の仕業であった。

SHARE
EC
Amazon
logo