孔雀

孔雀

孔雀王退魔聖伝(漫画)の主人公。読みは「くじゃく」。別称、明。

登場作品
孔雀王退魔聖伝(漫画)
正式名称
孔雀
ふりがな
くじゃく
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

高野山と対を成す密法の総本山・裏高野に属し、この世の怪異を討ち祓うことを生業とする退魔師。本名をという。慈空阿闍梨の愛弟子で、階級は第九階中僧都(ちゅうのそうず)。孔雀明王を守護神に持つが、通常の退魔師が守護神の術のみを使用できるのに対し、孔雀は不動明王、帝釈天(因駝羅)、摩利支天、地蔵菩薩など、守護神以外の神仏の術を操れる特殊な能力の持ち主で、霊力そのものも極めて高い最強クラスの実力者である。

また、伝説の大魔王・孔雀王の生まれ変わりであり、3対の翼と6本の腕を持つ姿に変化(へんげ)もできるが、この力は滅多に発現することはない。

さらに、本作では新たに国津神の王・スサノオに選ばれし者として、神殺しの力を得られるスサノオの宝を継ぐ資格も得ている。孔雀は当初、スサノオの宝を手に入れることに否定的だったが、邪悪な者の手に宝が渡ること防ぐため、また天津神を滅し人の世界を取り戻すため、宝のカギを探す旅に出る。

登場作品

孔雀王退魔聖伝

己の出自を巡り、世界の存亡をかけた戦いを制してしばらく後、裏高野の退魔師・孔雀は再び、日本各地で起こる怪異の解決や妖魔退治を行う日々を過ごしていた。攫(やまこ、山子)、武蔵坊弁慶、黒の箱船、それに暗黒... 関連ページ:孔雀王退魔聖伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
アシュラ
慈空 阿闍梨
王仁丸
服部 遮那
月読
日光
蓮華
阿久谷
logo