守護月天 小璘

まもって守護月天!(テレビアニメ)の登場人物。読みは「しゅごげってん しゃおりん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まもって守護月天!(テレビアニメ)
正式名称
守護月天 小璘
ふりがな
しゅごげってん しゃおりん

総合スレッド

守護月天 小璘(まもって守護月天!)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

長い時を生きる月の精霊。容姿は若い少女。支天輪の持ち主を不幸から守護する守り神。太助によって輪から召喚され、同居生活を始める。現代社会については全く無知で、浮世ばなれした言動もちょくちょく見られる。

使命の性質上、自らが人間相手に恋をして積極的な幸福を追求することは難しい存在だが、それでもなお太助を意識しだす。

登場人物・キャラクター

14歳。中学2年生の純朴な少年。父母と姉が旅好きでしょっちゅう家をあけるため、事実上の1人暮らしを続けていた。外国から土産に送られた支天輪と黒天筒により精霊のシャオとルーアンを召喚し、2人の主となり同...

関連キーワード

太助の父親が旅先の中国で入手して日本の家へ送りつけた、古代から伝わる神秘的な力を秘めた輪っか。形状は八角形。中に月の精霊であるシャオが封印されていた。

登場作品

1人暮らし中の中学生・七梨太助のもとへ、ある日、外国へ渡った父親から荷物が届く。中にあったのは古代中国から伝わる不思議な輪、支天輪。太助がふと輪をのぞこむと、中から急に可憐な少女が出現。 守護月天小璘...