実験人形ダミー・オスカー

自動車事故の実験に使うダミー人形作りでは一級の腕を持つ主人公は一見冴えない青年。だが、裏の顔は多くの美女たちを手玉に取る筋肉隆々のヒーローだった。世界を股にかけ、数々の事件を解決するが、時に気弱な性格に戻ってしまう。主人公が本当の自分を見いだしていくセクシーバイオレンスストーリー。原作は、小池一夫。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
実験人形ダミー・オスカー
原作
作画
ジャンル
バイオレンス

総合スレッド

実験人形ダミー・オスカー(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

ダミー・オスカー(実験人形ダミー・オスカー)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:41
久美子(実験人形ダミー・オスカー)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:41

新着関連スレッドもっとみる

概要

日本人青年の渡胸俊介は、本物と見まがう人形を作る一級の人形師。普段は小心者で冴えない男性で、女性への関心もほとんどない。実力を見込まれ、ドイツの自動車会社フォルクスワーゲン社に勤務することになるが、隠れた人格が発現。激しい痛みを受けたり、精神を追いつめられると、筋肉隆々で巨大な男性性器を持つ超人間のダミー・オスカーに変貌する。

二つの真逆の人格に悩む俊介は、さまざまな女性たちとの関係や、精密な人形制作を通して、生身の人間を撃てない婦人警官たちに標的となる練習用ダミー人形を作ったり、一目をひく人間そっくりのディスプレイ用人形や、マフィアのボスを罠にはめるための人形作りなど、数々の事件、トラブルを解決し、本来の人格を取り戻して行く。

登場人物・キャラクター

主人公
黒髪の天然パーマで冴えない青年。精密な人形を作る腕は一流で、「人形を人間として扱ってほしい」「ダミーと言えども命がある」が口癖。自動車会社に勤務し、自動車事故実験用のダミー人形を制作している。誠実で正...
主人公渡胸俊介の隠れた人格。黒髪で天然パーマである点は変わらないが、肉体は筋骨隆々になり、男性性器も飛躍的に大きくなる。性格も破天荒で傲慢なものへと変化する。荒事と女性を好む。何事も消極的なもう一人の...
主人公渡胸俊介が勤めることになったフォルクスワーゲン本社のテスト・ドライバーで、金髪の美女。「パサータ」は風の意。渡胸俊介と結ばれた夜にダミー・オスカーに変貌した彼に興味を持ち、ドライブ中の行為を求め...
ヘルガの事故死を調べている刑事。入院中の渡胸俊介を嘘発見機にかけ、誘導尋問を重ねる。尋問中に、渡胸俊介がダミー・オスカーに変貌したため、十数年来の知人である精神科医のエヴァに相談する。
独身の美人精神科医。渡胸俊介の行動を観し彼が二重人格と見抜く。研究材料にするため、主人公と同棲するうちに惹かれていくが、肉体より心の優しさを取り、変貌前の渡胸俊介と結婚しようとする。別名「フォルコメン...
LA郡警察イーストロスアンジェルス分署に勤務するスワット女子隊員。身長180センチ超。スワットの要請でロスで人形制作に取り組むダミー・オスカーの警護兼ニセの恋人役としてコンビを組む。
警視庁外事2課所属。財団法人夢記念館の依頼を受け、ケイトの遺骨をもって帰国した渡胸俊介を空港に迎えにいく。日本人の肌感覚を取り戻したいという渡胸俊介の思いに共感し、惹かれていく。裕子との出会いは、渡胸...
女性人形師で爆弾テロの犯人。カナダの民宿で、ダミー・オスカーと対決するが、ダミー・オスカーを愛してしまう。ダミー・オスカーもローズマリィの純粋な心に触れ、逃亡の手助けをする。本名、バーバラ・メイヨ。
日本造形工業大学の教授、人間構造学の権威。渡胸俊介の研究室勤務時代の上司で、彼が二重人格になる原因を作った女性。俊介の発明を、自分の名前で特許出願。この頃より、俊介の精神が昏迷しはじめている。心臓に持...
渡胸俊介が預けられた新井浜にある禅寺の僧で、俊介の兄弟子にあたる。
サンフランシスコのチャイナタウン在住。中国系の難民で、ホテルのキャッシャーとして働いている。日本国籍を得るために渡胸俊介と結婚し、日本で暮らす。
ストリップ小屋の振り付け師。実家がマネキン工場を営んでおり、渡胸俊介は、そこで人形作りを学んだ。朝隅尚子が工場を訪れた際、俊介が、尚子の研究室で助手として働くきっかけを作った。

場所

主人公渡胸俊介が、その腕を買われて勤めることになった企業。西ドイツ・ウォルフスブルグにある。モデルは、自動車会社「VOLSWAGEN本社」で、本作品は同社の協力を得て制作されている。
フォルクスワーゲン本社から20キロ離れたヒース草原地帯にある、自動車の走行テスト場。面積1,100万平方メートルの中に21キロの高速サーキット、傾斜面がある人造丘陵、全長100キロのテスト・トラックな...
館主の吉田ときが作った人形が屋敷の各部屋に飾られている。人形のモデルは、かつてこの屋敷に実際に住んでいた館主の家族、使用人たちで、今は性人形として、館主の夫への復讐のために使われている。
渡胸俊介の実家。父親が医師で母親が看護婦だったため、俊介は寂しい少年時代を過ごした。ある日、両親が本当の親でないことを知り、16歳で家を出てからは、帰郷していない。両親の他界後、自宅跡地はコンビニエン...

その他キーワード

渡胸俊介と、彼の別人格のダミー・オスカーが作る人形。本物の人間から型をとり、人工皮膚、人工関節を持ち、心を入れれば、涙を流すようになる。血管もあり人口血液を注入することで、事故の際には出血するようにな...