導きの獣

シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)、高位階の「詩人」が共に戦うべく従える獣。読みは「あばおあくー」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~(漫画)
正式名称
導きの獣
ふりがな
あばおあくー

総合スレッド

導きの獣(シュヴァリエ ~Le Chevalier D'Eon~)の総合スレッド
2016.10.07 14:20

概要

勝利の塔」においては最下段に棲む不可視の獣とされ、塔の頂点で至上の真理を得るため位階を登る者に付き従うとされる。「詩人」に付く導きの獣は、詩人の魂と結びつきのある者の魂が変容したものであることが肝要。

登場作品

18世紀のフランス、ルイ15世の治世。「詩人」と呼ばれる謎の能力を持った勢力により、人々が次々に殺されるという事件が起きていた。魔物と化し乙女の血を収集する「詩人」の前に、シュバリエ・スフィンクスと名...