小山荘のきらわれ者

小山荘のきらわれ者

父親の転勤で一人暮らしを始めた男子高校生松島彰吾が、下宿小山荘で出会った個性的な同居人たちに翻弄されながら、恋愛体験もしつつ成長してゆく物語。神戸の街を舞台に、天真爛漫な高校生男女たちの恋愛模様も交えた青春群像をコミカルに描く。少女漫画らしい繊細で華麗な絵柄で描かれる美形の青少年たちが多数登場し、人気を集めた。

正式名称
小山荘のきらわれ者
作者
ジャンル
ラブ・コメディ
レーベル
白泉社文庫(白泉社)
巻数
全4巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

父親がアメリカへ転勤し、一人で下宿の小山荘へやってきた高校生の松島彰吾。気楽な一人暮らしのはずだったが、下宿先は相部屋だった。クールで口の悪い高校生高橋成介と同じ部屋で暮らす羽目に。成介はなんと彰吾の転校した学校でも同じクラス、しかも席は隣同士だった。小山荘には軽薄なイギリス人や可愛い同級生女子、色っぽい子持ちの女社長など、個性的な面々が住んでいる。

彼らに翻弄されながら、彰吾はだんだんと新しい環境に溶けこみ、部活動やアルバイト、恋愛体験などを通して、のどかで楽しく輝かしい学園生活を送ってゆくこととなる。

登場人物・キャラクター

主人公

16歳の男子高校生。父親がアメリカ転勤となり、父の親友が経営する小山荘に下宿し一人暮らしをするはずだった。しかし相部屋となり、2号室で同い年の男子高橋成介と同居生活を送る羽目になる。成介の通う桐嶋高校... 関連ページ:松島 彰吾

16歳の男子。桐嶋高校1年F組。切れ長の目に低い声の持ち主。物静かで、一見とっつきにくい。背が高く見栄えがいいので、モデルのアルバイトをしている。他人に干渉されることを嫌っているので、小山荘の2号室に... 関連ページ:高橋 成介

北原 慶彦

16歳の男子。桐嶋高校1年F組。演劇部に所属。松島彰吾とは中2の時に同じクラスだったが、彰吾が桐嶋高校に転入してきたことで再会した。明るくおちゃらけた性格。演劇が大好きで、一度女装してお姫様役を演じたところ大好評となり、次々と女性役を演じる羽目に。小山荘の大家の娘千夏のことを好きになる。

16歳の女子。桐嶋高校1年E組。黒髪のショートカットにすらりと伸びた脚が印象的。料理クラブに所属。斎藤麻里とは二卵性双生児で、安古が姉。麻里に会いにしょっちゅう小山荘に来ているので、住人たちとは親しい... 関連ページ:斎藤 安古

16歳の女子高校生。栗色のふわりと柔らかい髪が印象的。小山荘の3号室の住人。斎藤安古とは二卵性双生児で、麻里が妹。姉妹で通う学校が違うので、麻里の方だけ下宿している。小山荘の2号室に住む男子高校生高橋... 関連ページ:斎藤 麻里

奥田 豊弘

桐嶋高校勤務の若い男性教師。松島彰吾がいる1年F組の担任。彰吾が入部した陸上部の顧問でもある。さわやかな物腰で、生徒からの人気は高い。大学時代の同級生の加代子という婚約者がいる。

中学2年生の女子。小山荘の大家チャールズ家のひとり娘。父はアメリカ人で母が日本人なのでハーフだが、生まれた時から日本で暮らしているため、感覚はほとんど日本人。髪はあめ色。瞳は少し青みがかった茶色。松島... 関連ページ:千夏・ダナ・グラント

エリオット・F・チェンバレン

イギリス人青年。小山荘の1号室の住人。他人から「糸の切れた風船」と呼ばれるほど軽薄で軟派な性格。職業はカラーコーディネーター。松島彰吾のことを気に入り、からかい半分で、抱きついたり愛の言葉をささやいたりと、求愛行動を繰り返す。

高浜さん

小山荘の5号室の住人。モデルクラブの支社長を務める妖艶な女性。繭良(まゆら)というまだ小さな息子がいる。夫はすでに故人。高橋成介は彼女の会社に所属して、モデルのアルバイトをしている。

桜井さん

小山荘の4号室の住人。口ひげを生やした渋い外見の男性。個人タクシーを経営している。離婚歴があるらしい。

太田さん・細川さん

小山荘の6号室に同居している短大生の二人組。太田さんは丸顔で小太りの男性。細川さんはメガネでやせたのっぽの男性。スケベで大学生らしい軽薄さだが、二人ともデザイン関係に就職でき、小山荘を出て行った。

高校生の男子。高橋成介と同じく高浜さんの会社でモデルのアルバイトをしている。空き部屋となった小山荘の6号室に入居してきた。引っ越しと同時に桐嶋高校へ転入し、彰吾や成介たちとクラスメイトになった。近眼な... 関連ページ:篠崎 聡

アメリカ人。下宿小山荘の家主で、本業は貿易業。妻は日本人の七美。娘の千夏は中学2年生。メガネにひげをたくわえ小太りだが、愛嬌のあるかわいらしいおじさん。松島彰吾の父松島守とは親友で、一人暮らしする必要... 関連ページ:チャールズ

松島 守

松島彰吾の父親。17歳のときに彰吾が産まれたので、まだ34歳と若い。妻の佐和子は彰吾が小学3年生の時に亡くなった。アメリカへ転勤となり、親友のチャールズが経営する小山荘へ彰吾を下宿させた。息子のことを少々過剰に溺愛している。イギリス人青年エリーが彰吾にやたら馴れ馴れしいので、彼を敵視している。

瀬戸井先生

桐嶋高校勤務の女性教師。38歳。口うるさく生徒を管理しようとするので、生徒からは恐れられている。校則を破って密かにモデルのアルバイトをしている高橋成介や篠崎聡にとって用心すべき存在。

場所

小山荘

『小山荘のきらわれ者』に登場する、神戸に建つ下宿。名前は大家チャールズの妻の旧姓からとった。名前とはイメージの違うモダンな洋風建築。1階は喫茶店「リトル・マウンテン」で、2階が大家一家の住居。裏の別館が下宿となっている。2階建てで各階ごとに3部屋ずつ、計6部屋ある。

書誌情報

小山荘のきらわれ者 全4巻 白泉社〈白泉社文庫〉 完結

第1巻

(1998年9月発行、 978-4592882374)

第2巻

(1998年9月発行、 978-4592882381)

第3巻

(1998年12月発行、 978-4592882398)

第4巻

(1998年12月発行、 978-4592882404)

SHARE
EC
Amazon
logo