人類ネコ科

市立西湘高等学校に通う高校生・七瀬北斗は女嫌いだったが、同じ高校のアイドル谷山舞奈からラブレターをもらったことがきっかけとなり、少しずつ彼女に心を開いていく姿を描く。

概要・あらすじ

両親が海外出張のため、南山荘で一人暮らしをする高校生七瀬北斗は女嫌い。通っていた市立西湘高等学校でアイドル的存在の谷山舞奈からラブレターをもらい、困惑する。学校中の男子生徒を敵に回し、幼馴染の守山修一郎からはラリアットを受け、舞奈の親友中島亜津美からは睨まれてしまった。もともと舞奈の存在を知らなかった北斗は、現状を打開するため彼女に断るつもりだったが、誤って舞奈に恋人宣言してしまう。

登場人物・キャラクター

七瀬 北斗 (ななせ ほくと)

市立西湘高等学校に通う高校生。両親がオーストラリアへ出張し、外国嫌いだったため、一人日本に残った。南山荘に住む。身長が159㎝と低いため、同じアパートの住人で女子大生の兵頭真琴たちからは男扱いされていない。そのため、彼女たちのさまざまな醜態を垣間見て、女嫌いとなった。その彼女たちからはホクちゃんと呼ばれる。 幼馴染の守山修一郎とはいつも一緒に行動している。

谷山 舞奈 (たにやま まいな)

市立西湘高等学校に通う高校生。黒髪にカチューシャを付ける。市立西湘高等学校のアイドル的存在で、ファンクラブがある。受験の雨の日、北斗の優しさを偶然目撃して以来、彼に恋心を抱いていた。親友の中島亜津美いわく、素直だが世間知らずで思い込みが激しい。雷が嫌い。名前は、作者みず谷なおきが大ファンである谷山浩子から取った。

守山 修一郎 (もりやま しゅういちろう)

『人類ネコ科』登場人物で主人公・七瀬北斗の幼馴染。市立西湘高等学校に通う高校生。182㎝の長身にリーゼント。名古屋弁を常に使用する。愛車はヤマハRZ250R。ケンカが得意で、バイク事故で左腕を骨折しても、3人の不良相手に勝利した。そのため、周囲の不良から西湘のランボーと恐れられ、知らないうちに総番として格付けされていた。 そんな彼だが、本気になった北斗と北斗の母親、谷山舞奈の親友中島亜津美には頭が上がらない。2年生になって茶道部に入る。錦瑞穂とはいとこ同士。

中島 亜津美 (なかじま あつみ)

市立西湘高等学校に通う高校生。ボーイッシュなショートヘア。谷山舞奈の親友。舞奈からあっちゃんと呼ばれる。かなり気が強く、守山修一郎に対しても平気で机を投げる。舞奈を見守る意識が強く、彼女の気持ちを知ってからは七瀬北斗と結び付けようとする。このとき守山と協力して行ったので、彼と急接近することになった。 茶道部で、2年生になると守山が入部してきた。

兵頭 真琴 (ひょうどう まこと)

南山荘1号室に住む女子大生。南山荘内を半裸で歩いたり、廊下に下着を干すなどの醜態を、同じ住人七瀬北斗の前にさらす。それを半年間続けられた結果、北斗は女嫌いになった。真琴にとって彼は弟のような存在で、男という意識はない。南山荘2号室の小山麻美と3号室の樋口京子とは同じ女子大生で仲が良く、一緒に北斗をからかって遊ぶことが日常化している。

小山 麻美 (こやま あさみ)

南山荘2号室に住む女子大生。身長は七瀬北斗と同じぐらい。喫煙者。兵頭真琴、樋口京子とともに北斗をからかって楽しんでいる。

樋口 京子 (ひぐち きょうこ)

南山荘3号室に住む女子大生。ストレートのロングヘア。ボーイフレンドが多い。外出するときは、化粧でそばかすを隠すことがある。兵頭真琴、小山麻美とともに北斗をからかって楽しんでいる。

錦 瑞穂 (にしき みずほ)

市立西湘高等学校に通う高校生。守山修一郎のいとこ。元々守山を慕っており、いつも一緒にいたが、ある事件をきっかけに、七瀬北斗のことを好きになる。レディースのヘッドでスケ番だったが、北斗に恋人ができたと聞いて引退。市立西湘高等学校に編入してくる。昔は病弱であったため休学していた時期があり、現在は学年が北斗の後輩になるが、実際は同じ年齢。

荒井 由美子 (あらい ゆみこ)

市立西湘高等学校に通う高校生。ふぉーかす倶楽部(前身は新聞部)部長。スキャンダルに貪欲で、ときにはデッチあげてでもネタにするのがモットー。七瀬北斗と谷山舞奈の関係に気づき、影に潜んでシャッターチャンスを狙う。ときおり成功するが、中島亜津美にアイスクリームなどで買収されることがある。

七瀬北斗の母 (ななせほくとのはは)

七瀬北斗の母で、夫とともにオーストラリアで暮らしている。北斗からは母ちゃんと呼ばれている。若い母親で、高校生ぐらいのときにはすでに北斗を妊娠していた。夫のことはパパと呼んでいる。北斗と守山修一郎が幼少の頃、悪戯したときは区別なく一緒に叱っていたため、守山は今でも彼女に頭が上がらない。

集団・組織

市立西湘高等学校 (しりつせいしょうこうとうがっこう)

主人公七瀬北斗と谷山舞奈、守山修一郎、中島亜津美、錦瑞穂子、荒井由美子が通う学校。四階建て校舎。

場所

南山荘 (なんざんそう)

主人公七瀬北斗と兵頭真琴、小山麻美、樋口京子が住むアパート。北斗以外、すべての住人が女子大生なので周囲からはにゃんにゃん荘と呼ばれている。住人はもう1人日々野里美がいるが、その姿は真琴たちしか見たことがない。

書誌情報

人類ネコ科 全4巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(1985年12月発行、 978-4091213914)

第1巻

(1999年8月発行、 978-4091258311)

第2巻

(1986年6月発行、 978-4091213921)

第3巻

(1987年1月発行、 978-4091213938)

人類ネコ科 全2巻 〈スーパー・ビジュアル・コミックス〉 完結

第1巻 恋人宣言

(1992年1月発行、 978-4091601513)

第2巻 ふぁみりい

(1992年2月発行、 978-4091601520)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo