小野寺 俊夫

日本沈没(漫画)の主人公。読みは「おのでら としお」。別称、小野田。

  • 小野寺 俊夫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
日本沈没(漫画)
正式名称
小野寺 俊夫
ふりがな
おのでら としお
別称
小野田

総合スレッド

小野寺 俊夫(日本沈没)の総合スレッド
2016.07.28 18:47

概要

海底開発株式会社で深海潜水艦の操縦士をつとめる。結城慎司は海底開発株式会社の同僚。卓越した操縦技術と空間把握能力を備え、抜群の直感力で危機を察知する。深海調査で感じた違和感や、東京都新宿でのビル沈没事故を通じ、ほとんどの日本人よりも早く日本列島で起きている異変に気づいていく。地球物理学者の田所雄介にその能力を見込まれ、中田一成によってD計画への誘いを受ける。

京都での大地震を経験し、D計画への参加を決めた後は、周囲の人間になにも告げずに姿を消してしまい、結城慎司の不信を招く。東京消防庁のハイパーレスキュー隊員である阿部玲子とは、ビル沈没事故時に居酒屋「雑種天国」で知り合う。最初はその快活な性格が合わなかったが、じょじょに親しくなり、やがて愛し合うようになる。

日本列島沈没を阻止するため、山城によって計画された「A計画」が実行されたときは、自らの命と引き替えに沈没阻止による被害を最小限に収めるための潜水艦搭乗を買って出る。このとき彼の身代わりとなった結城慎司は太平洋海底で絶命。親友の結城慎司を死なせてしまった罪悪感から精神に変調を来たし、記憶喪失に陥る。

救助機の事故からマコによって保護されたとき、彼女が名前を「小野田」と聞き違えたため、以後は「小野田」と呼ばれるようになった。その後マコと行動を共にし、避難と救助活動に明け暮れる中で阿部玲子と再会。それを機にかつての記憶を取り戻し始めて行く。

登場作品

現代日本の喧噪になじめずにいた潜水艦操縦士の小野寺俊夫は、新宿で突如「ビルが地中に沈む」という不可解な異変に遭遇する。天才的な危機察知能力を有する小野寺は、それをきっかけに日本列島近辺で起きているさま...