尾杜

尾杜

ストレンジ・プラス(漫画)の登場人物。読みは「おず」。別称、尾杜先生。

登場作品
ストレンジ・プラス(漫画)
正式名称
尾杜
ふりがな
おず
別称
尾杜先生
別称
先生
関連商品
Amazon 楽天

概要

非常に治安の悪い三番街にある尾杜診療所(無認可)のオーナー医師(モグリ)。名前は不明で32歳の男性。黒い普通の髪型で、眼鏡をかけている。左目が金色のオッドアイ。三番街に来たばかりの巧美の面倒を見ていたことがある。効果は抜群だが、由来のわからない薬をよく作る。

ドロシーという名前の6歳の幼女をアシスタントとして使っており、彼女を溺愛し、近づく男を警戒・威嚇する。時折、性格や行動が幼児化するが、その際はドロシーにケアされている。怪我をした犯罪者の治療を行うが、時々警察に通報し、見返りに無免許での医療行為を見逃してもらっている。猫をたくさん飼っている。

関連人物・キャラクター

ドロシー

無免許医師・尾杜が経営する尾杜診療所で、アシスタントをやっている幼女。6歳だが、頭の中は30過ぎと言われ、他キャラのすさまじいボケも冷静かつ理性的にに対応し、医療行為も行うことができる。ピンク色の髪で... 関連ページ:ドロシー

登場作品

ストレンジ・プラス

6年前に家出をした兄の巧美を探しに、非常に治安の悪い三番街にやってきた18歳の少年・恒。しかし巧美は美国探偵事務所の雇われ所長になっていた。家に戻れば家業を継がされるため、巧美は弟の頼みを拒絶する。恒... 関連ページ:ストレンジ・プラス

SHARE
EC
Amazon
logo