山科 言継

山科 言継

異色列伝 怪力の母(漫画)の登場人物。読みは「やましな ときつぐ」。

登場作品
異色列伝 怪力の母(漫画)
正式名称
山科 言継
ふりがな
やましな ときつぐ
関連商品
Amazon 楽天

概要

朝廷で音曲役を勤める公卿であるが、武士の世となり朝廷も荒れ果てているためお役を果たすこともなく、野草から薬を作製し、生計を立て、貧乏暮らしをしている。しかし明るさを忘れず、お人良しで子供のようなところのある人物で、戦で親を失った子供達を集めて育てている。情報収集が好きで、自身が見聞きしたことを言継卿記としてまとめている。

実在した歴史上の人物、山科言継がモデル。

登場作品

異色列伝 怪力の母

戦国時代、伊豆奥を支配する郡代清水家に寿と言う娘が輿入れしてくる。寿は男ひとりを片手で持ち上げるほどの怪力と、敵に対し物怖じしない心の強さと、領民や子を思う慈愛、夫の留守を守る責任感を持ち合わせた娘だ... 関連ページ:異色列伝 怪力の母

SHARE
EC
Amazon
logo