工作員1号

工作員1号

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。読みは「こうさくいんいちごう」。

登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
工作員1号
ふりがな
こうさくいんいちごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

26世紀から20世紀へ送り込まれた反人類進化系組織H3の工作員。ヒテロへと進化する要素を多く持つ先ヒテロ性体質保持者を探して、飛翔欲求本能を大脳に染植して自殺させていた。工作員同士はテレパシーと似たデンパシーで通信ができる。偶然石田リカをナンパしたため、宮前カオルと遭遇する。

受波脳に予めプログラムされた非常作動機能により、箱状の肉塊に変容されてしまう。H3工作員はいかなる状況に陥ってもヒテロ根絶のために戦う使命を帯びている。そのため可能な限り骨格を武器そのものに改造している。石田リカを殺すために自力で箱から再生したが、体に負荷がかかり死亡した。

登場作品

BLACK BRAIN

AD3777年自由意思を持った最後のヒトが死んで以来、自由意思を持たぬヒト達はヒテロの万能資源として生き続けることが可能となっていた。ヒト達の骨、肉、臓器はあらゆる場面で活用され、AD3902年ついに... 関連ページ:BLACK BRAIN

SHARE
EC
Amazon
logo