帝釈天

百億の昼と千億の夜(漫画)の登場人物。読みは「たいしゃくてん」。阿修羅王とはライバル関係。

  • 帝釈天
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
帝釈天
ふりがな
たいしゃくてん

総合スレッド

帝釈天(百億の昼と千億の夜)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

兜卒天を守護するため、天上界で軍勢を率いる者。四億年の間、精強な軍を率い阿修羅王と戦い続けている。かつては阿修羅王とも和平のための連絡を取っていたことがあるようで、今も亜空間通信装置が残っている。オーロラの光を指して、阿修羅王の心のように美しく移り変わると悉達多に語った。

大天使ミカエルの姿をとって、イエスに救世主になるよう教え込んだ本人。

登場人物・キャラクター

少女の姿をした鬼と呼ばれる者。荒廃が進む宇宙を見て五十六億七千万年後の弥勒による救済を疑い、梵天の治める天上界兜卒天に攻め入り、梵天配下の帝釈天との戦いを四億年続けている。自分でも把握できないほど多く...

関連キーワード

天上界における生命発生の原点にして、字数発生の原点となった場所。高度な科学力を持ち、宇宙全体を覆う衰亡の中で都市機構を維持している世界。天上界の支配者梵天王が身を置いている。首都はトバツ市。

登場作品

アテナイの哲学者プラトンは、長年失われた大陸アトランティスについての研究を進めていた。ある時、アトランティスの子孫が住むというエルカシアの村を訪れたプラトンは、宗主によって自分自身がアトランティスの司...