御城 松子

御城 松子

てるてる×少年(漫画)の登場人物。読みは「おしろ しょうこ」。別称、松子。

登場作品
てるてる×少年(漫画)
正式名称
御城 松子
ふりがな
おしろ しょうこ
別称
松子
関連商品
Amazon 楽天

概要

『てるてる×少年』に登場するキャラクター。御城家現当主で、紫信の母。嫁入りしてきた身であり、御城家の遠縁。幸田に思いを寄せている。紫信にきつい言葉を投げかけたことがあり、彼女との関係はよくない。当主として自らを律する。達との一件の後、千代紫信達を見守っていてくれるよう、当主としてではなく、母として願った。

吐血して倒れるも、御城の家に戻った。義人達が家の攻略に出た際に、地下通路に入り、行方をくらました。その後、紫信と和解するも、紅宝珠の毒にむしばまれた体は弱っていき、最後には由利によって殺されてしまう。

登場作品

てるてる×少年

信州の旧家の出である御城紫信と幼馴染である忍者・奥才蔵のロマンスと、紫信の生家である御城家の秘密を巡る騒動を描く。 関連ページ:てるてる×少年

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
奥 才蔵
御城 紫信
多由耶姫
三島 義人
三島 左介
筧 千代
三島 望
玉野 由利
集団・組織
場所
logo