心 壊了

青春の尻尾(漫画)の登場人物。読みは「しん ふぉあいら」。別称、婦々。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青春の尻尾(漫画)
正式名称
心 壊了
ふりがな
しん ふぉあいら
別称
婦々

総合スレッド

心 壊了(青春の尻尾)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

仙人でもないのに、様々な健康法で六百六十年生きる老女。気の代謝に悪いとして、家の中では全裸で過ごし(顔は老婆だが、肉体は若いグラマーな女性)、豆ばかり食べる。諸葛亮孔明は、彼女と一緒に暮らし、殺すことができれば仙人にしてやると左元放・右元放に言われ、試練に挑むが、次第に彼女を尊敬するようになり実行できない。

しかし村を襲おうとしていた黄巾賊の残党を心壊了は撃ち殺し、そのため命の流れが尽きて死んでしまう。心壊了は死ぬ際に術を使い、諸葛亮の魂も伴って幽明界にある天上界の門に赴く。そこで彼女は、「仙人になると不老不死にはなるが、飲食欲・色欲・睡眠欲・名誉欲・物欲の五欲を失い、生きる意味を失ってしまう」と諸葛亮に説く。

さらに天界の虎に食われながらも、「幽明界の桃」を食えと諸葛亮に叫ぶのだった。諸葛亮は彼女を「婦々(たいたい)」と呼ぶが、これは「奥様」の意で、彼女の別名ではない。

登場人物・キャラクター

小柄でいつも子どもに間違えられる青年。25歳。だが「青春の尻尾」をぶら下げていると言われる。終無為(おわりむい)という名前だったが、左元放・右元放に、諸葛亮孔明という名を与えられる。仙人になる試練に挑...

登場作品

黄巾の乱に端を発する騒乱の三国時代初期、仙人志望の青年諸葛亮孔明は、チャンスを貰って不老不死の仙人になる試練に挑戦するが、六百余年生きた心壊了に仙人の真実を説かれ、世のために事を成そうと決心する。彼は...