怪獣王ゴジラ

怪獣王ゴジラ

悪の科学者・マッド鬼山が操る人工怪獣と、怪獣王・ゴジラの戦いを描いた作品。東宝の特撮怪獣映画『ゴジラ』シリーズを原作としているが、完全オリジナルストーリーとなっている。ストーリー構成はライター・編集者の安井尚志。

正式名称
怪獣王ゴジラ
作者
ジャンル
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

怪獣好きの少年・神子日出雄は、兄が所属する内閣安全保障室直属のGチームと最強の怪獣王であるゴジラとともに、世界征服を目論む悪の科学者、マッド鬼山の作り出す人工怪獣と戦うことになる。

登場人物・キャラクター

神子 日出雄

怪獣好きの少年。周囲からは「怪獣博士」「ゴジラ博士」とも呼ばれる。その知識は対ゴジラチームGチームに認められるほど。のちにマシーンGのパイロットとなり、マッド鬼山と直接対決する。

神子 陽介

神子日出雄の兄。内閣安全保障室直属のGチームの一員。階級は一佐。のちにマシーンGのメインパイロットとなる。

リンダ・ミラー

国連科学委員会からGチームにやってきた科学者。スタイル抜群の美女。のちにマシーンGのパイロットとなる。

マッド鬼山

怪獣を操り、世界征服を企むマッドサイエンティスト。ゴジラとGチームに敗北を重ね、最終的に最強の怪獣・キングゴジラに自身の脳を移植する。

ゴジラ

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。最強の怪獣王。本作では、直接人や街を襲うことはせず、マッド鬼山の怪獣たちと戦う人類の守護者的立場となっている。また、恐竜・ゴジラサウルスが怪獣化したという設定がとられている。本作の怪獣の鳴き声は台詞として訳されており、ゴジラは荒っぽい口調で他の怪獣たちと会話している。

シーバラゴン

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。地底怪獣バラゴンの細胞から、マッド鬼山に手によって生み出され、海中で活動できるように改造された。元のバラゴンに比べ、ツノとキバが長くなっている。

ネオ・ビオランテ

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。人間の細胞とバラの細胞を組み合わせた植物に、ゴジラの細胞を融合させて生まれた怪獣。マッド鬼山の手によって再生させられた。本作では、植獣形態のみ登場する。

メガロ

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。海底王国の守護神であったカブトムシのような姿をした昆虫怪獣。マッド鬼山の手によって改造され、再生させられた。ネオ・ビオランテとともにゴジラを襲う。

メカゴジラIII

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。ゴジラに敗れたメカゴジラの電子回路から、マッド鬼山が再生したメカ怪獣。全長100メートルに改造されている。ゴジラに化けて現れた。

メカニコングII

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。キングコングに敗れたメカニコングをマッド鬼山が再生したメカ怪獣。全長100メートルに改造されている。メカゴジラIIIともに現れる。

ラドン

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。プテラノドンが突然変異した怪獣。マッド鬼山に操られ、アラブの油田を爆撃する。

アンギラス

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。アンキロサウルスの化石からマッド鬼山が蘇らせ、さらに怪獣進化促進剤を投与されたことで生まれた怪獣。タイムワープ光線によりゴジラサウルスに退化してしまったゴジラを追い詰める。

キングギドラIII世

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。三本の首に二本の尾、巨大な翼を持った宇宙怪獣。翼を振動させることで、透明化する能力を持つ。

エビラ

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。巨大なエビの怪獣。マッド鬼山に昆虫の羽根を植えつけられており、空を飛ぶことができる。

ネオ・ガイガン

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。両腕は鎌となっており、腹部に回転ノコギリを持つサイボーグ怪獣。マッド鬼山の手によって改造され、再生させられた。両腕の鎌は、飛ばすことができるチェーンハンドとなっている。マッド鬼山が頭部に乗り込み、直接操縦した。

キングゴジラ

『怪獣王ゴジラ』に登場する怪獣。ゴジラ細胞からマッド鬼山が生み出したクローンゴジラの身体に、キングギドラの首と足、バトラの羽、腹部にビオランテの頭を合成した怪獣。マッド鬼山はこれに自身の脳を移植し、怪獣と一体化した。

集団・組織

Gチーム

『怪獣王ゴジラ』に登場する組織。内閣安全保障室直属の組織。本来はゴジラに対抗するために結成された組織だが、マッド鬼山が侵攻してきたため、ゴジラと共闘し怪獣軍団と戦うことになる。

その他キーワード

マシーンG

『怪獣王ゴジラ』に登場する兵器。Gチームと国連科学委員会が開発したロボットゴジラ。パイロットは神子陽介、神子日出雄、リンダ・ミラー。飛行能力と、メーサー砲に変形する両腕を持つ。

SHARE
EC
Amazon
logo