悪役令嬢は夜告鳥をめざす

悪役令嬢は夜告鳥をめざす

看護大学で教鞭を執るアラサー喪女は、風呂でネット小説を読んでいる最中に溺れ、異世界に転生する。悪役令嬢、リーゼリット・フォン・ロータスとして転生した元看護師が、医療改善・看護力の向上を目指して奮闘する医療系ラブコメディ。第2回異世界転生・転移マンガ原作コンテストで優秀賞を受賞した同名小説のコミカライズ作品。小学館「裏サンデー」にて、2021年1月29日より配信を開始。

正式名称
悪役令嬢は夜告鳥をめざす
ふりがな
あくやくれいじょうはないちんげーるをめざす
原作者
さと
漫画
ジャンル
ラブコメ
 
転生
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

都内で一人暮らしをする元看護師のアラサー喪女。彼女の唯一の楽しみは、風呂場でネット小説を読み漁(あさ)ることだった。西暦20XX年12月24日。いつものように風呂で小説を読んでいた彼女は、うっかり寝落ちして溺れてしまう。そして気がつくと、金髪翠眼(すいがん)の伯爵令嬢、リーゼリット・フォン・ロータスに転生していた。リーゼリットは、王都の別邸に行く途中、交通事故現場に出くわす。馬車に轢(ひ)かれた17、8歳の青年は、すでに呼吸をしていなかった。リーゼリットは、前世の知識から心肺蘇生(そせい)法を行う。人工呼吸でざわつく周囲を無視し、懸命に救助活動をしたかいがあり、青年は息を吹き返した。医者も到着し、リーゼリットがその場を去ろうとしたとき、被害者の弟だという少年に呼び止められた。礼をしたいから名前を教えてほしいという。しかし、自分の突発的な行動が、厄介事に発展することを危惧したリーゼリットは、さっさとその場を立ち去った。後日、王家主催のお茶会に参加したリーゼリットは、そこで、自分が助けた青年とその弟に再会する。彼らは、この国の第一王子、ファルスと第二王子、ギルベルトであった。そこでリーゼリットは、この世界が「転生先でも医師になってみせますわ」というネット小説であることを理解した。リーゼリットは、その小説の主人公の悪役令嬢だったのだ。そして彼女は、この先に起こることも思い出す。自分がこの世界の医療環境向上に成功しないと、多くの人が戦争で命を失うことになるはずである。医療に関わる人間として、助けられる命から目をそらすことなんてできない。そのために自分ができることは、看護力の向上である。リーゼリットは、この世界でナイチンゲールを目指すことを決意した。

登場人物・キャラクター

リーゼリット・フォン・ロータス

20XX年のアラサー喪女が転生した、金髪翠眼で14歳の美少女。名門伯爵家の三女で、ツインテールと大きな二つのリボンが特徴。前世では元看護師であり、後に博士課程を経て看護大学で教職に就いている。「転生先でも医師になってみせますわ」というネット小説の主人公で悪役令嬢。医療水準が低い世界で、多くの人の命を救うため、ナイチンゲールのような存在を目指す。

ファルス

王国の第一王子。17、8歳の青年で、プラチナブロンドの髪に金の瞳が特徴。「転生先でも医師になってみせますわ」というネット小説の冒頭では、すでに亡くなっている。しかし、アラサー喪女が転生したリーゼリット・フォン・ロータスにより、命を救われる。命の恩人を探すため、急遽(きゅうきょ)お茶会を主催するが、間違えて別の令嬢と結ばれる。

ギルベルト

王国の第二王子。14歳ぐらいの少年で、アッシュブロンドの短髪に赤褐色の瞳が特徴。俺様キャラだが照れ屋。ツンデレでもある。兄ファルスの命を救ったのが、リーゼリット・フォン・ロータスであることを知っており、密かに彼女に好意を持つ。自分への縁談を断るためという理由で、リーゼリットを婚約者に指名する。

その他キーワード

転生先でも医師になってみせますわ (てんせいさきでもいしになってみせますわ)

20XX年のアラサー喪女が読んだことのあるネット小説。架空の乙女ゲームの世界に、悪役令嬢として転生した医師が、医療系の試練を乗り越えて、ハッピーエンドを迎えるという内容。物語開始時に、第一王子のファルスは死んでいるが、アラサー喪女が転生したリーゼリット・フォン・ロータスがファルスの命を救ったため、冒頭から物語の前提が変わってしまう。

クレジット

原作

さと

SHARE
EC
Amazon
logo