愚地 独歩

愚地 独歩

バキ(漫画)の登場人物。読みは「おろち どっぽ」。愚地克巳とは親族関係にある。

登場作品
バキ(漫画)
正式名称
愚地 独歩
ふりがな
おろち どっぽ
関連商品
Amazon 楽天

概要

壮年の男性。実戦空手団体神心会を創始した人物で、地下闘技場の戦士でもある。素手で虎を倒すなどの武勇伝を持ち、尊敬を集めている空手家。禿頭で、範馬勇次郎との戦いで失った片眼に眼帯をした魁偉な風貌。「武の本懐は華麗に敵を仕留めることではなく、みっともなくとも勝つこと」であり、そこにはルールはないとする古の武道家の如き覚悟を有する。

同時に空手家として素手で戦うことにも強いこだわりを見せた。死刑囚たちと自ら戦うばかりでなく、息子の愚地克巳や弟子の加藤清澄末堂厚らを導いていく。

関連人物・キャラクター

加藤清澄

青年男性。空手家で、かつては神心会の一員だった。愚地独歩の弟子であったが、闇世界に身を投じてルール無用の空手を追求する。その実体は、手刀に見せかけた手の中にテグスを輪にした道具を忍ばせ、相手の耳を引っ... 関連ページ:加藤清澄

愚地克巳

青年男性。愚地独歩の義理の息子であり、神心会に属する空手家。優れた身体能力と恵まれた才能を持ちながらもそれを誇示する未熟な人物だったが、死刑囚たちとの戦いを通して武の本質を考えるようになった。また、当... 関連ページ:愚地克巳

関連キーワード

地下闘技場

『バキ』に登場する施設。東京ドームの地下に存在し、徳川光成に選ばれた格闘技者たちによる試合が行われている。武器さえ使わなければ、通常の格闘技なら反則となる技術の行使することも許容。危険なルールにも関わ... 関連ページ:地下闘技場

登場作品

バキ

地上最強を決めるトーナメントに優勝した範馬刃牙。刃牙や、その周囲の格闘家たちと戦うため、世界中から脱獄した死刑囚たちがやってくるようになった。格闘技のルールを完全に無視し、闇討ちや武器の使用に一切のた... 関連ページ:バキ

SHARE
EC
Amazon
logo