手塚 治虫

手塚治虫物語(漫画)の主人公。読みは「てづか おさむ」。別称、手塚。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
手塚治虫物語(漫画)
正式名称
手塚 治虫
ふりがな
てづか おさむ
別称
手塚

総合スレッド

手塚 治虫(手塚治虫物語)の総合スレッド
2017.01.06 17:49

概要

漫画の神様と言われた漫画家。また国産初のTVアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作し、後世に大きな影響を与えたアニメーション作家でもある。本名は手塚治。昭和3年11月3日、大阪府豊中市生まれ。幼い頃、宝塚市に一家で引っ越し、青年期までを過ごす。漫画やアニメを見せてくれた父や、創造性あふれる物語を聞かせてくれた母、宝塚歌劇などに囲まれ、恵まれた少年期を過ごす。

戦争を経て、昭和21年正月、「毎日少国民新聞」に、4コマ漫画『マァちゃんの日記帳』を連載、漫画家デビューする。また、大阪大学医学専門部を卒業後、医師免許を取得。昭和22年、酒井七馬と共作で、戦後初めての漫画単行本『新宝島』を発表。

大阪で大ブームを起こし、戦後のストーリー漫画の出発点を作った。以後、東京の漫画雑誌「漫画少年」に『ジャングル大帝』、「少年」に『アトム大使』を連載するなど、数々のヒット作を生み出していく。また、少年期からのアニメ制作の夢も追いかけ、昭和36年にはアニメ制作会社の虫プロダクションを設立。『鉄腕アトム』はじめ、数々のヒット作、実験作を手掛ける。

同名の実在人物がモデル。

登場作品

手塚漫画の代表的なキャラクター、ヒゲオヤジを語り部に、漫画原稿約15万枚、アニメーション60余作という、膨大な作品を残した手塚治虫の軌跡をたどる。物語は1928年11月3日、手塚の誕生から始まる。手塚...