日の出食堂の青春

日の出食堂の青春

職も目標もない若者達の織り成す、鬱屈しながらもどこか間の抜けた青春を描いた作品。はるき悦巳の代表作『じゃりン子チエ』と並行する形で連載された。1982年にNHK『銀河テレビ小説 日の出食堂の青春』でドラマ化もされている。

正式名称
日の出食堂の青春
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
Action comics(双葉社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

日の出食堂は大阪の下町にある大衆食堂。ここの跡取り息子であるアキラは、店の仕事を手伝うことを条件に高校への進学をやめたのだが、実際には働きもせず似たような境遇の同級生たちと無為な日々を送っていた。そんなある日、彼らの中学時代からの憧れであった吉田美津子(ミッちゃん)が、不良と噂される迫丸という男と付き合っているらしいことを知る。

ミッちゃんに迫丸と付き合うことを思いとどまらせるため、彼らはあれこれと画策する。

登場人物・キャラクター

アキラ

日の出食堂の跡取り息子だが、仕事もせず毎日ブラブラとしている。中学時代の同級生である吉田美津子に想いを寄せており、彼女が御用聞きに来る時だけは店に立ち働いている風を装っている。父も母もアキラの現状を苦々しく思いつつも、基本的には本人のやりたいようにさせている。

吉田 美津子

通称「ミッちゃん」。実家の豆腐屋を手伝っている。母のすすめもあり、中学時代の同級生だった迫丸との結婚を望んでいる。明るく朗らかな性格だが、迫丸との交際をアキラたちに咎められても決して気持ちの揺るがない芯の強さを持っている。

迫丸

アキラや吉田美津子(ミッちゃん)の中学時代の同級生。両親がおらず無期限停学をくらったこともあり、中学一の不良として知られた存在であった。ヤクザの鷲尾を慕い行動を共にしていた時期もあったが、中学を卒業しミッちゃんの仲立ちで豆腐屋で働くようになってからは真面目に暮らしている。

鷲尾

常に2人の舎弟を連れているヤクザ。中学時代の迫丸の面倒を見ていたが、彼が豆腐屋に就職してからは一切の付き合いを絶っており舎弟たちにもそれを厳命している。暴力沙汰の怪我がもとで入院した時、見舞いに来た吉田美津子に短い祝辞を述べる。

SHARE
EC
Amazon
logo