星の瞳のシルエット

中学生の仲良し3人組の女の子たちと、2人の男子を中心とした複雑な恋愛模様を描いた、1980年代の少女マンガらしいラブストーリー。連載誌で「250万乙女のバイブル」とキャッチフレーズがつけられたくらい、当時の読者支持を集めていた。

  • 星の瞳のシルエット
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
星の瞳のシルエット
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
集英社文庫 コミック版(集英社) / りぼんマスコットコミックス(集英社)

総合スレッド

星の瞳のシルエット(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

久住 孝史(星の瞳のシルエット)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40
白石 司(星の瞳のシルエット)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:40

新着関連スレッドもっとみる

新着関連ガイド

人気を博した少女漫画厳選集~80年代編~
マンガペディア公式 2015.12.22 19:36

概要

小学生の頃に出会った男の子との思い出を大切に胸に抱き続けていた沢渡香澄は、中学生になって初めて同級生の男子に恋心を覚える。しかしその相手は、親友の森下真理子が好きだと言っていた相手で、自分も好きになったと言うことはできない。しかしその男子生徒・久住智史には、小学生の頃に出会った「すすき野原の男の子」本人ではないかという疑いもあり、香澄はますます恋心と友情の板ばさみに苦悩することになる。

登場人物・キャラクター

主人公
ボブカットに髪留めをしていることが多い女の子。楓中学校に通う間、親友の森下真理子と泉沙樹といつも3人で行動し、同好会のクッキングクラブで活動していた。小学校2・3年の頃すすき野原で出会った男の子からも...
『星の瞳のシルエット』の登場人物で、沢渡香澄の初恋相手。弓道部に所属する2年生で、飾らない素朴なタイプの男の子だが、運動も勉強もできて女生徒たちからの人気も高い。大学教授の父親とふたり暮らしで毎日作っ...
『星の瞳のシルエット』の登場人物で、沢渡香澄の親友。髪の毛に天然パーマがかかっている。ケーキに目がなくて、お菓子作りが趣味。久住智史に好意を抱いており、弓道部の見える調理室でのクッキングクラブ設立を提...
『星の瞳のシルエット』の登場人物で、沢渡香澄の親友。丸いメガネをかけたショートカットの女の子だが、おおらかで決断力もある果断な性格が男の子っぽくもある。白石司とは互いに名前で呼び合い、顔を合わせると相...
泉沙樹と仲がいい弓道部所属の2年生。久住智史とはクラスメイトでもある。女生徒たちにモテることがアイデンティティーで、成績でも人気の高さでも負けそうになっている智史のことを気にしている。沙樹とは家が隣同...
『星の瞳のシルエット』の登場人物で、沢渡香澄たちが高校に進学してから登場。青陵高校で香澄のクラスメイトとなる綺麗な長い髪の女子生徒。気が強くサバサバした性格で、久住智史のことが気になっており、香澄を無...
青陵高校天文部のメンバーのひとりで、久住智史とクラスメイトの男子生徒。顔にそばかすのある素朴なタイプで、通学電車で偶然出会った森下真理子に惹かれて知り合うようになり、沢渡香澄との微妙な関係に立ち入って...
久住智史の父親。ひょうひょうとした性格の大学教授で、以前に妻を亡くしており料理等の生活能力が低いため家事の大半は智史が主に担当している。沢渡香澄が大切にしている「星のかけら」を無くしたときに拾った人物...
街にあるラジオ局「カントリーラジオ」でDJを担当する番組を持っている女性アナウンサー。「すすき野原の男の子」からのメッセージを番組で読み上げたことから、沢渡香澄との接点ができる。
中学3年の夏休み前、沢渡香澄にラブレターを出した男子生徒。香澄とは同学年で、メガネをかけた真面目な性格の持ち主。

集団・組織

『星の瞳のシルエット』の舞台となる楓町立の中学校。沢渡香澄、森下真理子、泉沙樹の3人は正式なクラブではなく、同好会として設立した「クッキングクラブ」で活動。久住智史と白石司は弓道部に所属していた。
『星の瞳のシルエット』の舞台となる高校。正式名称は「県立青陵高等学校」。県下でも特に偏差値の高い名門校で、学年でトップクラスだった久住智史はともかく、比較的上位の成績にあった沢渡香澄や白石司でも合格す...
『星の瞳のシルエット』の舞台となる、青陵高校のクラブ活動。沢渡香澄が入学した年は、久住智史、白石司、吉祥寺啓子と、日野、豊田の他、智史や司の影響で多数の女子が入部。2年生の主要メンバーは部長の立川と副...