月影 一平太

月影 一平太

ゲームセンターあらし(漫画)の登場人物。読みは「つきかげ いっぺいた」。別称、月影 インベーダー。

登場作品
ゲームセンターあらし(漫画)
正式名称
月影 一平太
ふりがな
つきかげ いっぺいた
別称
月影 インベーダー
関連商品
Amazon 楽天

概要

巨漢で、額の十字傷と四角い顎、四角い鼻と飛び出した鼻毛が特徴。長ランと学生帽、スペースインベーダーが描かれたシャツに腹巻き姿のことが多い。テレビゲームチャンピオンの石野あらしに次ぐテレビゲームの達人。八本木中学番長で、テレビゲーム代を得るために恐喝を働いていた際にあらしと知り合い、ゲーム勝負で敗れたことで改心した。

以後あらしの親友となり、厚い友情で幾度となく彼を救った。力が強く、普段はがま口で押さえている出べそが飛び出すと力が倍加する。一方頭は悪く一桁の足し算ができないレベルで、2年連続落第している。東日本総番で50万人の子分がいる。

オリジナル必殺技はないが、あらしの開発した月面宙返り(ムーンサルト)と炎のコマ、水魚のポーズが使える。

関連人物・キャラクター

石野 あらし

大きく伸びて反り返った前髪、低い鼻と巨大な出っ歯が特徴の少年。中央小学校に通っている。テレビゲームの天才で、テレビゲームチャンピオンの証のインベーダーキャップという帽子(最初期は別の普通の帽子)をかぶ... 関連ページ:石野 あらし

登場作品

ゲームセンターあらし

テレビゲームの天才石野あらしが様々なテレビゲームに挑戦し、炎のコマなどの必殺技で勝利していくテレビゲーム漫画。初期にはテレビゲームの紹介&攻略漫画としての要素も強かった。 関連ページ:ゲームセンターあらし

SHARE
EC
Amazon
logo