本願寺 顕如 光佐

本願寺 顕如 光佐

センゴク 天正記(漫画)の登場人物。読みは「ほんがんじ けんにょ こうさ」。

登場作品
センゴク 天正記(漫画)
正式名称
本願寺 顕如 光佐
ふりがな
ほんがんじ けんにょ こうさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

実在の人物・本願寺顕如光佐をモデルとしている。石山本願寺宗主。入れ墨や派手な着物、関西弁が特徴的な人物。大衆の心を掌握するカリスマである。10年の長きにわたり各地の一向衆を指揮し、信長包囲網の中核をなしていたが、朝廷の斡旋で和睦。息子の教如は徹底抗戦をしようとするが、結局敗北を認めて退去。

この際失火により石山本願寺は焼失した。

登場作品

センゴク 天正記

天正年間。「小谷城の戦い」における功績により千石を拝領した仙石秀久は、一介の兵から家臣団を率いる指揮官としての立場になっていた。武田家、一向宗による織田信長への包囲網は続いており、仙石秀久も羽柴秀吉子... 関連ページ:センゴク 天正記

SHARE
EC
Amazon
logo