センゴク外伝 桶狭間戦記

センゴク外伝 桶狭間戦記

戦国時代における最大の逆転劇として名高い桶狭間の戦いを描いた歴史漫画。歴史書や資料を参考にしつつも作者独自の解釈を多分に加えており、特に今川義元や織田信長ら、物語の中心となる人物たちの人物像は、この作品ならではのオリジナリティにあふれている。正伝となる『センゴク』および、その続編の第2部『センゴク 天正記』、第3部の『センゴク 一統記』がある。

正式名称
センゴク外伝 桶狭間戦記
作者
ジャンル
侍、武士
 
戦国時代
レーベル
KCデラックス(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

武勇知略に優れた京都建仁寺の九英承菊なる僧侶が、駿河の今川家に招かれ、屈託のない笑顔を見せるひとりの子供、方菊丸と出会う。その子供こそのちに今川義元を名乗る人物であり、九英承菊はその軍師となる太原雪斎であった。太原雪斎を師と仰いで成長した今川義元はその才能を開花させ、瞬く間に今川家の当主となり、戦国大名への道を歩んでいく。

一方、駿河より遠江・三河を挟んで西、全国に飢饉が広がる中で肥沃な土地を広げる尾張の地に、今川義元の運命を決める少年がいた。尾張の大名、織田信秀の子である吉法師、のちに織田信長の名で知られる人物である。

自らを悪郎(わろ)と呼ばせ、土地の若者たちとともに民草と交わり己を試す織田信長は、泥と世俗にまみれながら銭が力となることを学びつつ人望を集め、着実に織田家の中心へと食い込んでいく。今川義元織田信長。それぞれの生き方で己の地位を確固たるものとしていくふたりの戦国大名は、権謀術数が渦巻く世で徐々に距離を近づかせていき、それはやがて桶狭間の戦いで昇華するのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

同時代の実在の人物、今川義元をモデルとしている。駿河を治める戦国大名、今川氏親の五男として生まれ、幼い頃から生涯僧侶として生きることが決められていた。その天真爛漫な性格から人を引きつける魅力を持ってお... 関連ページ:今川 義元

同時代の実在の人物、太原雪斎をモデルとしている。京都建仁寺の僧侶だったが、世の乱れに失望して破戒僧に。その後、求めに応じて今川家へと入り、今川義元の教育係となった。戯れた姿を見せながらも、その内には恐... 関連ページ:太原 雪斎

同時代の実在の人物、織田信秀をモデルとしている。尾張を治める戦国大名で、策謀に長けた柔軟な考えの持ち主。商人や神社を取り込むことで莫大な金を得て尾張の地を豊かにすることに成功し、民から熱狂的な支持を集... 関連ページ:織田 信秀

同時代の実在の人物、織田信長をモデルとしている。幼い頃は悪郎(わろ)を自称し、同じ年頃の悪童とともに町を闊歩し、自警団もどきのことを行っていた。そこで金の強さを知り、それを力に変える術を学ぶ。父の織田... 関連ページ:織田 信長

同時代の実在の人物、松平広忠をモデルとしている。かつて三河を治めていた戦国大名、松平清康の嫡男。謀反により父を殺されて三河を奪われ、流浪の果てに駿河の今川家にたどり着く。そこでは冷遇されていたが、今川... 関連ページ:松平 広忠

同時代の実在の人物、徳川家康をモデルとしている。三河の戦国大名、松平広忠の嫡男。駿河の今川家、尾張の織田家に挟まれ、幼い頃は人質として両家を行き来する。松平家が従属を決めた今川家で成長し、今川義元を慕... 関連ページ:松平 元康

同時代の実在の人物、堀田正貞をモデルとしている。津島の有力者、津島十五党の筆頭で、金貸しを営む老人。織田信秀に肩入れしていたが、その勢いが衰えてくると織田を離れ今川義元に荷担する。青年時代の織田信長と... 関連ページ:堀田 正貞

生駒家の長女で、美貌の持ち主ながらも長身により婚期を逃していた。川遊びをしていた織田信長に見初められるが、織田信長が美濃の戦国大名、斎藤道三の娘を正室として娶ったため、織田信長のもとから去り、土田弥平... 関連ページ:お類

同時代の実在の人物、豊臣秀吉をモデルとしている。お類の従者で、お類と織田信長との逢い引きを助けていた。商いによって考える力を身につけ、出世の糸口になるのではという考えから、尾張に進軍する今川軍の詳細を... 関連ページ:木下 藤吉郎

同時代の実在の人物、毛利良勝をモデルとしている。尾張の土豪、堀田正貞の小間使いとして働く四角顔で巨漢の青年。言語に吃りがある。堀田正貞のもとを訪れては無理難題を言う織田信長をたたき出していた。その後は... 関連ページ:毛利 秀高

SHARE
EC
Amazon
logo