杉村 雅治

杉村 雅治

おさなづま(漫画)の登場人物。読みは「すぎむら まさはる」。

登場作品
おさなづま(漫画)
正式名称
杉村 雅治
ふりがな
すぎむら まさはる
関連商品
Amazon 楽天

概要

大手出版社「関東出版」社員。関東出版が刊行している、月刊少女漫画誌『少女ラブリー』の男性編集者。真ん中分けで前髪を切りそろえている髪型。新人賞で大賞をとった旗一子 (ハタ・イチコ)の担当となり、『めぐみのピアノ』のネームに、感動する。紆余曲折を経て、『めぐみのピアノ』(『めぐピ』)が『少女ラブリー』本誌連載が決まったあと、この作品を守りぬくことを決意する。

連載初期にアニメ化の話もあったが、「ハタ・イチコ以外が考えたものは見たくない」と反対する。一子 の夫が、『めぐピ』継続の最大の脅威と早くから気づいている。その後『めぐピ』発掘と部数増大が評価され『少女ラブリー』の副編集長になり、ハタ・イチコの担当から外れるが、『めぐピ』の守護者であることは止めない。

『めぐピ』の人気が高まってから、再度アニメ化の話が出るが、自分がむかし惚れ込んだ作品を作った高畠勇監督であり、彼が「自分は『めぐピ』という漫画の伝導師になる」と言い切ったことからアニメ製作を承認する。以後、怒涛の勢いで拡大する『めぐピ』の人気増大とメディアミックスの前に影は薄くなるが、やがて30歳前に『少女ラブリー』編集長になるという異例の人事を受ける。

終盤で、とうとうこらえきれなくなり、一男に意見する。エピローグでは、数十年後関東出版の社長になっている杉村の姿が描かれている。

登場作品

おさなづま

鉄工所を経営する親の借金のために、幼な妻になった16歳の少女・旗一子 (旧制北条)は、団地の主婦たちからいいように使われ、ロリコンでサディストの37歳の夫・旗一男からもいろいろな虐待を受けていた。何を... 関連ページ:おさなづま

SHARE
EC
Amazon
logo