東仙 要

東仙 要

BLEACH(漫画)の登場人物。読みは「とうせん かなめ」。

登場作品
BLEACH(漫画)
正式名称
東仙 要
ふりがな
とうせん かなめ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドレッドヘアの褐色の肌をした男性。盲目の死神。九番隊隊長。瀞霊廷通信編集長も兼任しており、部下からの信頼も厚い人格者だった。平和主義者で、自らの正義を貫こうとした結果、藍染惣右介の部下になる決心をする。藍染の腹心であり、藍染の謀反の際は、市丸ギンと共に尸魂界を離れ、破面達と行動を共にするようになった。

清虫(すずむし)という斬魂刀を使う。卍解では視覚、聴覚、嗅覚と霊圧感知能力の四つを封じる黒色の空間を出現させ、その中で一方的に相手を攻撃することができる。

関連人物・キャラクター

藍染 惣右介

茶色の髪の毛に四角い淵の眼鏡を掛けた、柔和な顔つきの男性。護廷十三隊六番隊隊長。黒崎一護たちが尸魂界で戦闘を繰り広げる中、何者かによって殺されてしまう。斬魄刀の名前は鏡花水月で水を自在に操る能力の斬魄刀だと思われていたが、その後、人の五感を支配することのできる錯覚系の斬魄刀であることが判明した。

関連キーワード

尸魂界

『BLEACH』に登場する世界。魂のたどり着く場所。霊界。中央には貴族たちや死神たちが暮らす精霊廷があり、その周りを大量の貧困民が暮らす流魂街が取り囲んでいる。現世から尸魂界への移動を許されているのは... 関連ページ:尸魂界

護廷十三隊

『BLEACH』に登場する集団。十三個の隊からなる、瀞霊廷を守る死神の実動部隊。4番隊は医療が得意、11番隊は戦闘専門部隊など、各部隊ごとに特色がある。総隊長は、護廷十三隊創始者でもある山本元柳斎重國。隊の中でも隊長・副隊長の強さは飛び抜けており、卍解を習得しているものがほとんどである。

登場作品

BLEACH

人間たちに襲いかかる悪霊、虚と斬魄刀という刀を用いる死神たちとの戦いを描いた青春能力アクション漫画。第50回小学館漫画賞少年向け部門受賞。 関連ページ:BLEACH

SHARE
EC
Amazon
logo