東堂 修羅

六三四の剣(漫画)の登場人物。読みは「とうどう しゅら」。六三四とはライバル関係。

  • 東堂 修羅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
六三四の剣(漫画)
正式名称
東堂 修羅
ふりがな
とうどう しゅら

総合スレッド

東堂 修羅(六三四の剣)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

『六三四の剣』に登場する人物で、六三四の幼い頃からのライバル。普段は穏やかで礼儀正しいが、天賦の才能と父親から受けた英才教育により圧倒的な剣さばきを見せる。幼いころは六三四に一方的にライバル視されていたが、何度も剣を交えることで互いに分かり合い、成長とともに親友と呼べる仲にもなった。父親の国彦が母親の朝香つらく当たるので、一時期は父を恨んでいた。

修羅という名は、国彦が奈良興福寺の阿修羅像が好きなため、つけられた。

登場人物・キャラクター

『六三四の剣』の主人公で剣道少年。剣道の全日本大会で優勝した両親のもと、3才から竹刀を握る。自分よりも強い者との勝負を望む、怖いもの知らずの幼少期、試合の怪我で亡くなった父の復讐に燃えた小学生時代を経...

登場作品

剣道の全日本大会で優勝した夏木夫婦の間に生まれた男の子は、誕生日時の6月3日の午後4時をもじって、六三四と名付けられた。六三四は、両親の影響から3歳で剣道をはじめ、幼少期は強い相手との勝負を求めて暴れ...