東雲 忠司

東雲 忠司

海賊とよばれた男(漫画)の登場人物。読みは「しののめ ただし」。

登場作品
海賊とよばれた男(漫画)
正式名称
東雲 忠司
ふりがな
しののめ ただし
関連商品
Amazon 楽天

概要

石油販売会社「国岡商店」の店員で、南方調査団の課長を務める男性。前髪を眉上で短く切った髪型をしている。昭和21年2月に「国岡商店」に戻って以降は部長を務めることになる。帰国当初、「国岡商店」が石油販売以外の業務を中心に展開するようになっていた変化に驚き、本来の業務である油に関する仕事がしたいと強く願った。そのため商工省鉱山課から受けた旧海軍燃料廠のタンク底に残った油をさらう業務において、中心的な人物として活躍することになる。

出光佐三の側近であった実在の人物、石田正實がモデル。

登場作品

海賊とよばれた男

戦後日本を舞台に、出光興産創業者である出光佐三をモデルにした主人公、国岡鐡造の生涯と、彼が興した企業「国岡商店」が倒産寸前の状態から復活していく姿を描いた歴史ドラマ。小説『海賊とよばれた男』のコミカラ... 関連ページ:海賊とよばれた男

SHARE
EC
Amazon
logo