概要

『花の慶次 ―雲のかなたに―』に登場する動物。前田慶次の愛馬。上州の谷地に生息しており、全身傷だらけで気性が荒く、誰も捕まえることができなかったので、殺害が計画される。これを聞いた慶次がもったいないと嘆いて10日かけてじゃれあって情を移し、ようやく乗りこなせるようになった。

関連人物・キャラクター

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo