柳 健太

柳 健太

同窓生 人は、三度、恋をする(漫画)の主人公。読みは「やなぎ けんた」。

登場作品
同窓生 人は、三度、恋をする(漫画)
正式名称
柳 健太
ふりがな
やなぎ けんた
関連商品
Amazon 楽天

概要

中野区立坂下中学校3年D組出身。中学3年の時に鎌倉あけひとつき合う。だが家業のクリーニング店を継ぐのがいやで受験勉強に専念し、後に別れた。大手化学メーカーの神保化学の研究開発部に就職、同僚のサエコと結婚。だがサエコの不倫を疑うようになり、1人息子、正太の父親が上司の清水潤也ではとの疑心暗鬼に取り憑かれる。

やがて正太サエコに預けて離婚、退職して家業のクリーニング店を継いだ。離婚のトラウマからあけひとの不倫を躊躇していたものの、逢瀬が進むうち真剣に。サエコの再婚を知った後はあけひに対して強引に離婚を迫るが、夫の連れ子の面倒は見ないと言って不信を買った。

元の勤務先から海外法人への再就職を持ちかけられ、渡米。その後、退社を経て5年後に小淵沢の高等専門学校の教師となった。

登場作品

同窓生 人は、三度、恋をする

25年を経て再会した40歳の男女。中学生時代の思い出が再び燃え盛り、不倫の愛憎と情欲が繰り広げられる。恋愛モノの旗手、柴門ふみによる恋愛漫画。 関連ページ:同窓生 人は、三度、恋をする

SHARE
EC
Amazon
logo