柴犬さんのツボ

柴犬さんのツボ

柴犬と一緒に暮らすことで見つけた、のほほんとした笑いや小さな幸せを、ほのぼのとしたタッチで描いた4コマ漫画集。「Shi-Ba」誌上で掲載された4コマ漫画と柴犬に関する川柳に、描き下ろしを加えた作品。

正式名称
柴犬さんのツボ
作者
ジャンル
レーベル
タツミムック(辰巳出版)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

飼い主である影山直美の自宅で、ゆるゆるとした平和な日々を過ごす柴犬のゴンテツ。いつも一緒にいる直美の手によって、ドラマチックでもなんでもない、小さくも幸せな柴犬の日常が、淡々と綴られていく。

登場人物・キャラクター

影山 直美

イラストレーターの女性。柴犬のゴンとテツの飼い主。彼らが日々の暮らしで見せる、ユニークな仕草や行動の数々を4コマ漫画にしている。ゴンのおっぱいをダニと間違えて病院に駆け込んでしまったり、寝ているゴンの下に両腕を差し込んで、起こさずに平行移動させる妙な遊びを考案するなど、かなり天然な性格をしている。

影山家で飼われている9歳の柴犬。干した座布団の上でくつろぐのが大好き。また、幼犬の頃から新聞紙を敷布団がわりに使っていたので、大人になった今でも新聞紙の上に寝転がる癖がある。飼い主の影山直美いわく、「... 関連ページ:ゴン

テツ

影山家で飼われている1歳の柴犬。元気な性格をした暴れん坊で、オヤツ待ちのゴンの前に躍り出て、ゴンに叱られることもあった。ご飯の皿が大好きで、影山直美が皿を片付けようとすると、その前に立ちはだかって「ウー」と唸る。

影山直美の夫。犬に関してはかなりの親バカで、直美作のイラストを使用したゴングッズが完成した時も、「写真じゃないのか」と残念がっていた。乾いたゴンの鼻に、よかれと思って水を塗ったりするなど、妻に負けず劣らず天然な性格をしている。

SHARE
EC
Amazon
logo