桜井 遼介

桜井 遼介

同窓生 人は、三度、恋をする(漫画)の登場人物。読みは「さくらい りょうすけ」。

登場作品
同窓生 人は、三度、恋をする(漫画)
正式名称
桜井 遼介
ふりがな
さくらい りょうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

中野区立坂下中学校3年D組出身。桜井病院の院長を父に持ち、中学生時代からイケメンで女子の人気をほしいままにしていた。医者にしたいという親の期待を裏切って一級建築士となり、ゼネコンに就職。良家のお嬢様である加奈子と結婚、長女の志穂利をもうける。学歴偏重主義で気の合わない加奈子との夫婦生活に鬱憤を抱いていた。

そこへ中学時代に関心のあった広野薫子と同窓会で再会して恋慕の情をかきたてられ、生涯で唯一の愛だと確信。男性経験のなかった薫子をその気にさせ、激しい情事を重ねるように。だが夫婦仲が改善すると薫子への関心を失い、離婚するという約束を反古にして捨てた。

親交のあつい柳健太鎌倉あけひに対しては、よき友人として助力を惜しまない。後に会社を退職して医学部を受験、5年後に研修医となる。

登場作品

同窓生 人は、三度、恋をする

25年を経て再会した40歳の男女。中学生時代の思い出が再び燃え盛り、不倫の愛憎と情欲が繰り広げられる。恋愛モノの旗手、柴門ふみによる恋愛漫画。 関連ページ:同窓生 人は、三度、恋をする

SHARE
EC
Amazon
logo