森生 蕾

森生 蕾

朱鷺色三角(漫画)の登場人物。読みは「もりお つぼみ」。別称、蕾。

登場作品
朱鷺色三角(漫画)
正式名称
森生 蕾
ふりがな
もりお つぼみ
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

7歳。穂津見家の先代の妾の子。両親が失踪し、穂津見家に引き取られるが、まったく面倒を見てもらえず、小学校も通っていなかった。不遇な状況を悲観したは、自身が引き取り、東京で一緒に暮らすことにする。初めて優しくしてくれたを盲目的に好きになり、3日も離れていられないほど懐く。

関西弁をしゃべり、かなり乱暴な性格だが、根は優しい子で弱い者いじめは絶対にしない。穂津見家直系ではないが、超能力の強さは誰よりも強い。

登場作品

朱鷺色三角

主人公の穂津見霖の一族は、超能力で瀬戸内海の海賊から島を守ってきたという特殊な一族。最初の2話は「螢たちは笑う」というタイトルで前後編が発表され、その後「朱鷺色三角」というタイトルで連載がスタートした... 関連ページ:朱鷺色三角

SHARE
EC
Amazon
logo