植田 謙吉

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「うえだ けんきち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
植田 謙吉
ふりがな
うえだ けんきち

総合スレッド

植田 謙吉(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

関東軍司令官で大将。昭和14年、帰国した訪欧使節団副団長の甘粕正彦から「ドイツのヒトラーが力を入れて機械化された部隊をどんどん作っており、戦車とトラックと自走砲からなる機甲師団は、フランスもイギリスもかなわないほど強く、更にはヒトラーが戦争をするつもりになっている」という報告を受ける。

また、関東軍参謀の辻政信より具申され、一筆を書き謝文東を帰順させた。歴史上の実在の人物、植田謙吉がモデル。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...