槐

すっくと狐(漫画)の登場人物。読みは「えんじゅ」。唱とはライバル関係。

登場作品
すっくと狐(漫画)
正式名称
ふりがな
えんじゅ
関連商品
Amazon 楽天

概要

密教系の修行を積んだ青年。体が弱く、病に侵されている。権力者の元で下働きのように振るまいながら稲荷神が体内にもつ「珠(しゅ)」を集め、それを自分の体に取り込むことで不老長寿となり、生きながらえようとしている。狐狩りの現場をに見つかり、敵対することになる。陽気な性格だが、目的のためなら他人や狐を平然と殺害する。

関連人物・キャラクター

膝まで届く長い黒髪に褐色の肌をした男。普段は人間の姿をしているが、正体は七ツ森神社に祀られている稲荷神で、土をつかさどる玄狐。その姿は、普通の人間には見えない。松下実花といっしょに鳥居を飛び越したこと... 関連ページ:

登場作品

すっくと狐

主人公の松下実花たちが住む町で、連続して水死体が見つかるという事件が起こった。実花の通う学校のプールでも事件が起こり、学校の近くにある七ツ森神社を取り壊そうとした祟りだという噂も流れていた。そんな中、... 関連ページ:すっくと狐

SHARE
EC
Amazon
logo