ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

都会から転校してきた少年前原圭一が、雛見沢村で起こる連続怪死事件に巻き込まれていくさまを描いた伝奇サスペンスホラー。竜騎士07による同人ゲーム、『ひぐらしのなく頃に』シリーズ第一作のコミカライズ版。原作のゲームがループ型の物語であるため、何通りもの展開がそれぞれ別の作者によるコミックスとして発行され、全体で一つの作品を構成している。

正式名称
ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編
作画
原作
ジャンル
伝奇
 
ホラー一般
 
サスペンス一般
レーベル
ガンガンコミックス(エニックス)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

都会から雛見沢村に引っ越してきた中学生前原圭一は、小中学生がひとつの教室でいっしょに学ぶ分校で、仲間たちと楽しい日々を送っていた。だが一見平和に見える山村では毎年謎の事件が起きていた。囁かれる「鬼隠し」、「オヤシロさまの祟り」という言葉の謎。そして年に一度の祭り、「綿流し」の夜、またしても事件は起こり、圭一は疑心暗鬼にかられるようになっていく。

登場人物・キャラクター

主人公

ひぐらしのなく頃にシリーズを通しての主要登場人物である。東京から雛見沢に引っ越してきたばかりの中学生。小学生から中学生までが同居する分校に通っている。好奇心旺盛でお調子者。仲間たちと毎放課後、「部活」... 関連ページ:前原 圭一

ひぐらしのなく頃にシリーズを通しての主要登場人物である。前原圭一と学年も同じクラスメイトであり「部活」の仲間。面倒見が良く、転校して来たばかりの圭一をあれこれ気づかっている。本名は「礼奈(れいな)」で... 関連ページ:竜宮 レナ

園崎 魅音

ひぐらしのなく頃にシリーズを通しての主要登場人物である。前原圭一のクラスメイトであり1年年上で親分肌。園崎家は雛見沢の有力者の一族のひとつで、かつてのダム反対運動の中心であり、魅音自身も反対運動の際に軽犯罪や公務執行妨害で補導歴がある。放課後いろいろなゲームをして遊ぶ「部活」のリーダーでもある。

ひぐらしのなく頃にシリーズを通しての主要登場人物である。前原圭一のクラスメイトであり「部活」の仲間。相手の行動を予測してトラップを仕掛ける名人。3年前に父親が事故死し母親は行方不明となる。さらに昨年「... 関連ページ:北条 沙都子

古手 梨花

ひぐらしのなく頃にシリーズを通しての主要登場人物である。前原圭一のクラスメイトであり「部活」の仲間。住民の皆から可愛がられている。オヤシロさまを祭る「古手神社」の娘であり、巫女。2年前に父親が急死、母親は入水して行方不明となっている。

大石 蔵人

県警興宮(おきのみや)署の刑事で,まもなく定年。雛見沢で起きる連続殺人を追っている。祭りの晩に起きた富竹ジロウの殺害事件以後前原圭一に付きまとい、クラスメイトが教えてくれない過去の事件のあらましなどを教えている。連続怪死事件は園崎家を中心とした村ぐるみの犯行ではないかと疑っている。

北条 悟史

北条沙都子の兄。1年前、沙都子と悟史を引き取っていた叔母が撲殺されて死亡した際に、行方不明となっている。行方不明になる直前、突然バットを持ち歩くようになり、意味もなく素振りをしていたらしい。

『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』に登場する架空の神。古手神社の祭神。雛見沢の守り神とされる。祭りで執り行われる綿流しの日、5年連続で怪死事件が発生するが、これを住民たちはオヤシロさまの祟りと呼ぶ。また... 関連ページ:オヤシロさま

場所

雛見沢

『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』の舞台となる架空の集落。某県鹿骨(ししぼね)市の雛見沢地区。人口2000人以下の過疎の集落で、住民の連帯が強固な地域でもある。平和な寒村に見えるが、かつては「鬼ケ淵」と... 関連ページ:雛見沢

その他キーワード

鬼隠し

『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』に登場する用語。雛見沢では毎年綿流しの祭りの晩に、人が怪死する事件が発生し、住民はこれをオヤシロさまの祟りと呼ぶ。そして同時に行方不明事件が起きているのだが、これを鬼隠しと呼んでいる。元々は土地の伝承で、人が鬼にさらわれて忽然といなくなってしまうことであった。

書誌情報

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 全2巻 エニックス〈ガンガンコミックス〉 完結

第1巻

(2005年12月22日発行、 978-4757515901)

第2巻

(2006年6月22日発行、 978-4757517042)

SHARE
EC
Amazon
logo