武知 甲太郎

武知 甲太郎

海賊とよばれた男(漫画)の登場人物。読みは「たけち こうたろう」。

登場作品
海賊とよばれた男(漫画)
正式名称
武知 甲太郎
ふりがな
たけち こうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

石油販売会社「国岡商店」に昭和22年から入店した新しい男性店員で、元軍務局大佐。前髪を上げて額を全開にして撫でつけ髪にし、癖のある前髪を二房だけ垂らしている。英語が非常に堪能で、東京外事専門学校(のちの東京外国語大学)を卒業し、インド大使館やチリ公使館の駐在武官を務めた後、諜報・情報戦などを行う旧陸軍中野学校の教官となった異色の経歴の持ち主。

旧陸軍関係の戦後処理のためGHQに出入りしていたことからソニー・レドモンドとも旧知の仲。ソニーから「石油業界に詳しく、かつ信頼できる優秀な日本人」の紹介を頼まれた際に、元軍務局の永井八津次に相談して国岡鐡造を紹介され、鐡造に代わってアレックス・ミラーやソニーと会談することになった東雲忠司の通訳を務めることになる。

以来、通訳として「国岡商店」と深くかかわるようになり、入店を志願した。

登場作品

海賊とよばれた男

世界観本作『海賊とよばれた男』は、実話を基にした歴史経済作品となっている。主人公の国岡鐡造をはじめ、登場人物の大半は出光佐三と出光興産にゆかりのある実在人物をモデルに描かれており、モデルになった人物を... 関連ページ:海賊とよばれた男

SHARE
EC
Amazon
logo