水木しげるの雨月物語

水木しげるの雨月物語

江戸時代の怪奇読本「雨月物語」に、水木しげるのイラストを添えた1冊。「吉備津の釜(きびつのかま)」「夢応の鯉魚(むおうのりぎょ)」「蛇性の婬(じゃせいのいん)」の3編を収録している。怖ろしくも妖しい怪奇譚に、水木しげるの挿絵がより深みを持たせている。原作は上田秋成。

正式名称
水木しげるの雨月物語
原作者
上田秋成
作者
ジャンル
妖怪、お化け
レーベル
河出文庫(河出書房新社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

その昔、吉備の国・賀夜郡庭妹の里に、井沢庄太夫という裕福な男がいた。庄太夫には井沢正太郎という一人息子がいたが、家が豊かなことをいいことに、酒と女におぼれる毎日を送っていた。正太郎の将来を案じた両親は、良い嫁を娶れば身持ちも固くなるだろうと考え、広く縁談を募ることにした。そして、吉備津神社の神主に美しく気立ての良い娘がいると聞き、両家の合意のうえ縁談を進めることとなった。

いよいよ結納を取り交わすという時、吉備津神社の神主は娘、磯良の幸せを願い、吉備津の御釜祓いを行うことにした。御釜払いとは、煮えたぎる釜に様々な供物をささげ、吉凶を占う行事である。お湯が沸きあがった時、吉兆であれば釜から牛の鳴くような音があがり、凶兆であれば音が鳴らないとされていた。

吉兆を期待して御釜祓いを行った神主だったが、釜からは何の音も聞こえない。神主は娘の結婚に不吉な予感を覚えたが、占いの結果一つで良い縁談を破談にするのも良くないと考え、縁談を進めてしまう。(エピソード「吉備津の釜」)

登場人物・キャラクター

井沢 正太郎

エピソード「吉備津の釜」に登場する。吉備の国・賀夜郡の豊かな農家、井沢庄太夫の長男。家業を嫌い、酒と女におぼれる日々を送っている。両親が進めた縁談により、磯良と結婚。美しく、かいがいしく尽くす磯良と当初は仲睦まじく暮らすが、やがて馴染みの遊女のもとに入り浸るようになる。

興義

エピソード「夢応の鯉魚」に登場する。名人と呼ばれるほど絵が上手な僧侶。特に魚の絵を描くのが好きで、魚と戯れる夢を絵に描き取り、「夢応の鯉魚」と名付けた。病にかかり、7日後に息を引き取るが、その3日後に蘇生。死んでいた3日間に体験した出来事を周囲に語る。

豊雄

エピソード「蛇性の婬」に登場する。大勢の漁師を抱える裕福な家の次男。おっとりした性格で、風雅を好み、神社の神官から学問を学ぶ日々を送っている。ある雨の日、雨宿りで立ち寄った漁師の家で、美しい女性、真女児と出会い心を奪われる。

磯良

エピソード「吉備津の釜」に登場する。吉備津神社の神主の娘。美しく気立ての良い女性で、和歌や琴もたしなんでいる。眉目秀麗という井沢正太郎の噂を聞き、婚礼を楽しみにしていた。正太郎の妻になってからは、夫の気持ちを汲み取り、義理の両親にもよく尽くす。

真女児

エピソード「蛇性の婬」に登場する。この世のものとは思えない美しさ、上品さを備えた女性。雨宿りで立ち寄った漁師の家で豊雄と出会い、住み家の場所を告げて去っていく。家を訪れた豊雄と再会した時、夫婦になることを求める。

まろや

エピソード「蛇性の婬」に登場する。真女児につき従う14~15歳の童女。真女児の家を訪れた豊雄を座敷に案内するなど、主人の求めに応じて行動する。

クレジット

原作

上田秋成

SHARE
EC
Amazon
logo