氷の森

冬の惑星(漫画)に登場する場所。読みは「こおりのもり」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
冬の惑星(漫画)
正式名称
氷の森
ふりがな
こおりのもり

総合スレッド

氷の森(冬の惑星)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

洞窟の奥に存在する。原住民達が作り出した、氷の枝のおびただしい集積体。音響コンピュータとしての性質を持ち、わずかな振動で作動し、互いに共鳴しあうことで、これまで生きてきた原住民達すべての人生がよみがえり、意識の交歓が果たされる。原住民達の祖先が、子孫のために遺した、唯一の技術的遺産。

つかの間の生と引き替えに、意識の残響だけを、永久に巨大な共同意識の中にとどめていく。原住民の子供は、自らの罪故に、自分の氷の枝氷の森に入れることを拒絶されるという、重い罰を受けた。

登場作品

惑星グインⅡに生きる原住民の子供は、人類の探索隊を氷の森に立ち入らせ、氷の枝を折らせた罪のために、右足を凍傷で失わされる。恋に落ち、子供をもうけるが、その子供も同様の罪を犯したために、自ら左腕を落とし...