氷室 辰也

氷室 辰也

黒子のバスケ(漫画)の登場人物。読みは「ひむろ たつや」。

登場作品
黒子のバスケ(漫画)
正式名称
氷室 辰也
ふりがな
ひむろ たつや
関連商品
Amazon 楽天

概要

アメリカから編入した陽泉高校のバスケ部員で、アメリカで火神にバスケを教えた兄貴分だった。ポジションはシューティングガード。背番号は12。物静かでバスケでは華麗なプレーを見せるが、勝敗にはこだわり火神との決着に強い執着を見せる。実力は高く、しばしばキセキの世代と同等、と評される。

得意技はブロックをすり抜けるように見える陽炎のシュート(ミラージュ・シュート)。

関連人物・キャラクター

紫原敦

陽泉高校一年生のバスケ部部員。ポジションはセンター。背番号は9。中学時代、キセキの世代と呼ばれた天才プレイヤーの一人。2mを越す巨体ながら高い反射神経で隙のない防御力を発揮する。恵まれた素質を持ちなが... 関連ページ:紫原敦

火神大我

誠凛高校一年生のバスケ部部員。ポジションはパワーフォワード。背番号は10。アメリカでバスケに親しむも、帰国した日本のレベルの低さに絶望していた。しかし黒子と出会い、打倒キセキの世代という目標を得てバス... 関連ページ:火神大我

登場作品

黒子のバスケ

世界観現代日本の、黒子テツヤが所属する私立誠凛高校が置かれている東京都が主な舞台となっている。登場する学校等は架空のものだが、全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)が行われる東京... 関連ページ:黒子のバスケ

SHARE
EC
Amazon
logo