とりあえず地球が滅びる前に

とりあえず地球が滅びる前に

バスケットボールの県大会で優勝しなくては地球が滅ぶと告げられた女子高生たちが、それぞれの日常を守るため部活動に奮起する青春スポーツストーリー。「flowers」2011年3月号から2013年9月号にかけて連載された作品。

正式名称
とりあえず地球が滅びる前に
作者
ジャンル
バスケットボール
レーベル
フラワーコミックスアルファ(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

世界観

バスケットボールが題材。漫然とした日々を送る、部活動への意欲の薄い女子高生たちが主人公。そんな彼女たちが「自分たちが試合に勝たなければ地球が滅ぶ」という衝撃の事実を突きつけられ、次第に自分自身の人生に真剣に向き合うようになっていく姿が描かれる。ねむようこ自身も中学、高校時代とバスケットボール部で活動しており、母校の協力を得ながら描かれたリアリティある描写も魅力のひとつ。

作品誕生のいきさつ

ねむようこは、コミックス4巻のあとがきで、本作『とりあえず地球が滅びる前に』誕生のいきさつについて次のように語っている。本作は学生時代、特に将来の目標などがなく悩んでいた友人へ、当時言ってあげられなかった自分なりの答えを託すつもりで描いた。その答えは当時の自分にとっても必要なものであり、当時の自分たちと同じ悩みを抱える読者に自分のメッセージを届けたい。

あらすじ

高校2年生の一ノ瀬寅子は、「恋人がほしい」という夢以外これといった目標のない、平凡だが楽しい日々を送っていた。しかしある日「神」を名乗る謎の男・神谷が現れ、寅子の所属する県立駄々草高校バスケットボール部が県大会で優勝できない場合、地球が滅んでしまうと告げられる。寅子たちは当初、神谷の言葉を冗談と思い信じずにいたが、自分たちの敗北が原因でイギリスが消滅してしまう。責任を感じた部員たちは、神谷の言葉を信じて熱心に練習するようになっていく。

登場人物

ねむようこは、コミックス4巻のあとがきで、登場人物たちの名前の由来について語っている。「県立駄々草高校バスケットボール部」の部員たちは自身の出身地でもある岐阜県の地名から、登場する高校は岐阜県の方言をもとに名付けた。しかし、メインキャラクターの一ノ瀬寅子雪丸加奈子に限り、ねむようこの愛猫である「トランプ」と「コト」から名付けた。

作家情報

ねむようこは、主に少女誌、女性誌で活躍中の漫画家。2004年『ナイトフルーツ』が「フィール・ヤング」2004年11月号に掲載されデビュー。他の作品に『ペンとチョコレート』『午前3時の危険地帯』などがある。誕生日は6月8日で、出身地は岐阜県。

登場人物・キャラクター

主人公

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する2年生の女子生徒で、部では補欠。クラスは5組。前髪を眉上で切り揃えて、胸のあたりまで伸ばしたロングウェーブヘアと、そばかすが特徴。明るく元気な性格だが「恋人が... 関連ページ:一ノ瀬 寅子

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する2年生の女子生徒。一ノ瀬寅子の幼なじみ。ポジションはフォワード。前髪を真ん中で分けて額を全開にして、胸のあたりまで伸ばしたストレートロングヘアと、三白眼が特徴... 関連ページ:雪丸 加奈子

県立駄々草高校バスケットボール部の部長兼マネージャーを務める2年生の女子生徒。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、肩につくほどの長さの内巻きボブヘアで、眼鏡と口元のほくろが特徴。落ち着いたおっとりとした... 関連ページ:穂積 光代

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する2年生の女子生徒。ポジションはガード。前髪を眉上で短く切り、癖のあるショートカットヘアをしている。一ノ瀬寅子とは仲が良く、毎日ギャグを言い合って盛り上がってい... 関連ページ:那加 史絵

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する1年生の女子生徒。ポジションはフォワード。前髪を目の上で切り、胸のあたりまで伸ばしたロングヘアをツインテールにしている。太目の眉が特徴。部内でも真剣に取り組ん... 関連ページ:加納 琴子

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する2年生の女子生徒。ポジションはセンター。前髪を眉上で切ったベリーショートヘアをしている。県立駄々草高校バスケットボール部が県大会で優勝して地球が救われれば、自... 関連ページ:長森 りな

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する2年生の女子生徒。ポジションはセンター。前髪を真ん中で分けて額を見せ、胸のあたりまで伸ばしたロングヘアをポニーテールにしている。携帯電話をラインストーンでデコ... 関連ページ:茜部 あゆみ

県立駄々草高校バスケットボール部に所属する1年生の女子生徒。部では補欠。前髪を眉上で切り揃え、肩につくほどの長さの髪を三つ編みにしてまとめている。細い目と、やや太り気味なのが特徴。入部理由はダイエット... 関連ページ:竹鼻 たかこ

県立駄々草高校家庭科部に所属する3年生の男子生徒。前髪を左寄りの位置で斜めに分けたストレートヘアをし、いつもアーガイル柄のものを身につけているので、周囲から密かに「アーガイル」と呼ばれている。器用で穏... 関連ページ:兼高 葵

神を自称する謎の若い男性。前髪を真ん中で分け、胸のあたりまで伸ばしたロングウェーブヘアをひとつに結んでいる。容姿は非常に美しいが、どこか頼りなく、県立駄々草高校周辺をうろうろしていることから不審者扱い... 関連ページ:神谷

県立八斗亀商業高校バスケットボール部の顧問を務める若い女性。前髪を眉上で切ったショートカットヘアと、厚めの唇が特徴。顧問としては非常に厳しく、試合中にミスがあれば部員を怒鳴りつけることもある。神谷とは... 関連ページ:ゆーな

県立駄々草高校バスケットボール部の顧問を務める年配の男性。前髪を眉上切った短髪ヘアに、四角い眼鏡をかけている。穏やかな雰囲気だがバスケットボールには詳しくなく、作戦も毎回同じなことから、部員たちには「... 関連ページ:神田川(教師)

一ノ瀬寅子たちの前に現れた2人目の神。前髪を目が隠れそうなほど伸ばした、癖のある黒髪をしている。神谷が地球を守るために不正をし、たとえば神通力を用いて県立駄々草高校バスケットボール部を優勝させたりしな... 関連ページ:神田川(神)

一ノ瀬寅子の兄で、サラリーマンとして働く25歳の男性。リーゼントヘアに長く伸ばしたもみあげと、あごひげを生やしている。雪丸加奈子とも親しいため、加奈子からは「辰兄」と呼ばれている。学生時代はバスケット... 関連ページ:一ノ瀬 辰男

一ノ瀬寅子と一ノ瀬辰男の母親。前髪を眉上で切って左寄りの位置で斜めに分け、肩につかない長さのふんわりとしたボブヘアをしている。やや太り気味な体型。雪丸加奈子とは家族ぐるみで親しく、「片方の乳房で寅子を... 関連ページ:一ノ瀬寅子の母親

県立駄々草高校家庭科部の部長を務める女子生徒。前髪を真ん中できっちりと分けて額を全開にし、胸のあたりまで伸ばした髪を三つ編みにしてまとめている。目が細く眼鏡をかけている。元々週に1回のみ家庭科部に参加... 関連ページ:家庭科部の部長

生川高校バスケットボール部に所属する女子生徒。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、胸のあたりまで伸ばした毛量の多いストレートロングヘアをしている。派手なメイクと、染髪した髪の生え際が黒く戻ってしまってい... 関連ページ:生川高校の女子生徒

神様の一人で、神谷と神田川(神)の仲間。鯉の姿をして地球に現れる。神谷とは公園で偶然再会し、県立駄々草高校バスケットボール部についての愚痴を聞くことになる。神谷はてっきり神沼が監視役として出向いてくれ... 関連ページ:神沼

神様の一人で、神谷と神田川(神)の仲間。黒猫の姿をして地球に現れる。県立駄々草高校バスケットボール部が県大会で優勝しなくては地球が滅ぶという事態については深刻に捉えておらず、「今は地球が一番アツい」と... 関連ページ:神野

県立駄々草高校の生物教師・武藤が飼っているイグアナ。性別はメスなのか「ちゃん」付けで呼ばれている。武藤からの頼みで兼高葵が面倒を見ていることが多く、よく葵と一緒に校内を散歩している姿が目撃されている。... 関連ページ:ポロロッカ

集団・組織

県立駄々草高校バスケットボール部

県立駄々草高校のバスケットボール部。穂積光代が部長とマネージャーを兼任する。顧問は神田川(教師)が務めている。実力は県内では平均的で、前年度は県大会2回戦で敗退という平均的な成績を残した。部員たちの意... 関連ページ:県立駄々草高校バスケットボール部

県立八斗亀商業高校バスケットボール部

ゆーなが顧問を務めるバスケットボール部。県立駄々草高校バスケットボール部と練習試合をすることになり、神谷はゆーながバスケットボール関係者であることを知った。前顧問が非常に厳しく、怒ると部員の髪の毛を引... 関連ページ:県立八斗亀商業高校バスケットボール部

生川高校バスケットボール部

県立駄々草高校バスケットボール部と新人戦で試合することになったバスケットボール部。生徒の素行が悪いことで知られており、学校が山奥にあることから「隔離されている高校」として知られている。派手な容姿の部員... 関連ページ:生川高校バスケットボール部

輪内高校バスケットボール部

県立駄々草高校バスケットボール部と新人戦、県大会で試合することになったバスケットボール部。実力は平均的で、県立駄々草高校バスケットボール部とは同一程度の実力。そのため、要所要所で県立駄々草高校バスケッ... 関連ページ:輪内高校バスケットボール部

その他キーワード

ドリーミング★キャリー

一ノ瀬寅子が子供の頃に好きだったアニメ作品。古い作品だが、寅子の母親がDVDを所持していたため、寅子と雪丸加奈子が幼い頃一緒に鑑賞していた。現在でも寅子は、作中に登場する虹色のカップケーキとお城に憧れ... 関連ページ:ドリーミング★キャリー

SHARE
EC
Amazon
logo