沢俣 康

沢俣 康

甘い水(漫画)の登場人物。読みは「さわまた こう」。沢俣眞千子とは親族関係にある。

登場作品
甘い水(漫画)
正式名称
沢俣 康
ふりがな
さわまた こう
関連商品
Amazon 楽天

概要

沢俣眞千子の父親。札幌から北海道・道東の町へと一家で引っ越してくる。ロシア人との拳銃取引などを行っており、作中では「ヤクザ」と評されている。取引のためにロシア語を話すこともしばしば。自宅では長女である高校1年生の眞千子に売春を行わせており、取引相手であるロシア人や日本人を客にしている。

また、趣味の賭け麻雀で支払う現金がなくなった際に眞千子の体で支払うことを提案している。

関連人物・キャラクター

沢俣眞千子

高校1年の秋に北海道・札幌から道東の町へ引っ越してきて、主人公・戸田夏生と出会い、やがて恋人同士となる。両親と妹・順子とともに4人暮らし。夏生の通う高校は男子が学ラン、女子がブレザーだが、転校生である... 関連ページ:沢俣眞千子

登場作品

甘い水

北海道・道東の地方都市で育った高校1年生の戸田夏生は、進路調査で自身の夢である「海外での絶滅動物の保護活動」と書くものの、教師に説教をされてしまう。鬱屈とした気持ちを抱えたまま過ごす夏生は、ある日転校... 関連ページ:甘い水

SHARE
EC
Amazon
logo