泉さんちの福福家族

泉福朗が家族と過ごした昭和の少女時代、アメリカでの出産と育児を経験した平成の結婚時代、五匹のペットと暮らす令和時代と、三つの時代にわたる家族との大切な日々を綴ったコミックエッセイ。泉福朗がTwitterで発表した漫画の中から、「家族」をテーマにしたものを集めた作品集となっている。

正式名称
泉さんちの福福家族
ふりがな
いずみさんちのふくふくかぞく
作者
ジャンル
エッセイ
レーベル
ビッグガンガンコミックス(スクウェア・エニックス)
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

昭和の時代。エリカパパママおばあちゃん、お兄ちゃん、弟との六人暮らしで、大好きな家族に囲まれてにぎやかな日々を送っていた。平成時代は、アメリカ東部オハイオ州で出産と育児を経験する。そして令和の現在は二匹の猫、三匹の犬と共に暮らしていた。漫画原作者を形づくった風変わりな家族の愛情と教育、そんな愛する家族への感謝の気持ちや思い出を綴る。

登場人物・キャラクター

エリカ

漫画原作者の女性で、少女時代は長崎県で五人の家族と共に幸せに過ごしていた。平成時代はアメリカ東部オハイオ州で子供を授かり、現在は日本で五匹のペットたちと共に暮らしている。

パパ

エリカの父親で、長崎育ちの九州男児。職業は歯科医。作中では唯一、タヌキの顔で描かれている。非常に優しい性格で、エリカは一度も叱られたことはなく、笑っている顔しか思い出せないほど。仕事のあと、突然倒れて心筋梗塞で亡くなる。

ママ

エリカの母親で、パパとは幼なじみ。エリカには勉強しなさいと口うるさいが、漫画やゲームに対しては理解を示している。何よりママ自身が大の漫画好き。電車や映画館の席を取るのを得意としている。パパが亡くなったあと、パーキンソン病を患って24時間医療態勢の施設で暮らすようになる。

おばあちゃん

エリカの祖母。いつも割烹着を身につけ、エリカたちの夕食を作ってくれていた。幼い頃からエリカの味方で、何度も励ましてくれた肝っ玉おばあちゃん。家族でうなぎ釣りに行った際は、釣れたうなぎを素早く捕まえ、みごとにさばいてかば焼きにしていた。

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo